徹底比較: ELPA CDS-500 vs パナソニック VL-SE50KPA

2023-08-22 22:11:13

ELPA CDS-500パナソニック VL-SE50KPA
ELPA CDS-500パナソニック VL-SE50KPA
ELPA CDS-500パナソニック VL-SE50KPA
ELPA CDS-500パナソニック VL-SE50KPA
総合評価:

62.7/100

(総合順位: 22/325)

46.9/100

(総合順位: 144/325)

親機本体サイズ
17/100
50/100
親機重量
84/100
30/100
子機本体サイズ
90/100
82/100
子機重量
95/100
30/100
玄関子機の設置可能数
25/100
40/100

スペック

ELPA CDS-500パナソニック VL-SE50KPA
ELPA CDS-500パナソニック VL-SE50KPA
基本情報
受話器対応 -
ハンズフリー対応 -
乾電池対応 -
親機
親機本体サイズ横:220mm、縦:76mm、厚さ:67mm横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm
親機重量282g540g
親機画面サイズ - 5インチ
録画可能件数 - 50
待受時の親機消費電力 - 1.4W
応答時の親機消費電力 - 8.5W
室内子機
子機本体サイズ横:108mm、縦:79mm、厚さ:38mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量113g220g
室内モニターの設置可能数 - 2
玄関子機
玄関子機の設置可能数12
ライト機能 -
広角レンズ対応 -
便利機能
火災報知機連動機能 -
プレストーク応答機能 -
SDカード録画機能 -

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SE50KPAの親機本体サイズは横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mmというデータに対してELPA CDS-500の親機本体サイズは横:220mm、縦:76mm、厚さ:67mmというデータです。パナソニック VL-SE50KPAとELPA CDS-500は割と大きく異なるものであると言えます。これらの比較で明確なように、パナソニック VL-SE50KPAよりもELPA CDS-500は親機本体サイズが比較的大きいということが分かるでしょう。親機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、スマートなデザインでインテリアに馴染みやすい点です。

親機本体サイズが小さいインターホンのもう一つのメリットは、持ち運びが容易であることです。親機が小さく、軽いため、必要な場所に簡単に持ち運ぶことができます。例えば、急な外出先や、簡単な作業の場所、小さなオフィスなどにも対応可能です。

親機本体サイズという観点について言えばまあまあの差異が存在しています。一方で決定的と言えるほどの違いは存在しないため注意が必要であると言えるでしょう。

親機本体サイズ評価
ELPA CDS-500
横:220mm、縦:76mm、厚さ:67mm17/100
パナソニック VL-SE50KPA
横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm50/100

親機重量

親機重量という点において見てみるとELPA CDS-500は282gというデータとなっている一方、パナソニック VL-SE50KPAは540gというデータです。ELPA CDS-500とパナソニック VL-SE50KPAの違いは258gあり、これらの違いは断然ずば抜けて開いていると言えます。ELPA CDS-500はパナソニック VL-SE50KPAより親機重量は際立って軽いことが分かるでしょう。親機重量が軽いインターホンのありがたさは、女性や年配の方でも持ち運びが楽な点です。加えて、軽さからくる取り付け作業のスムーズさも魅力的です。

親機重量が軽いインターホンのメリットは何でしょうか?まずは取り付けの容易性です。重たい親機を設置するとなると、熟練した技術が必要になるため、DIYで自分で設置するのは大変ですが、重量が軽いインターホンなら手軽に取り付けることができます。また、移動も容易になるため、引っ越し時にも便利です。さらに、軽量化によりデザイン性が向上し、インテリアにマッチしやすくなっています。

これらの比較から明白にわかるように、ELPA CDS-500の親機重量はパナソニック VL-SE50KPAよりも秀でていると思います。そのため、パナソニック VL-SE50KPAは候補から取り除くべきと言えそうです。親機重量を考慮することが、後悔しない判断をすることにつながると思います。

親機重量評価
ELPA CDS-500
282g84/100
パナソニック VL-SE50KPA
540g30/100

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関して比べるとパナソニック VL-SE50KPAは横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmというデータである一方、ELPA CDS-500は横:108mm、縦:79mm、厚さ:38mmというデータとなっています。パナソニック VL-SE50KPAはELPA CDS-500に比べて少しだけ大きいといえるでしょう。ごくわずかな差が見られます。子機本体サイズが小さいインターホンは、シンプルでコンパクトなデザインのため、視覚的にも美しく見栄えが良いというメリットがあります。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、場所を取らないことです。住居の玄関や小さなショップなどで設置する場合、スペースを取り過ぎずに済むのは大変便利です。また、小柄な子どもでも使いやすく、操作性も良好です。

体感的な面で考えると子機本体サイズに関してELPA CDS-500よりもパナソニック VL-SE50KPAの方がごくわずかに良くないと感じられると思います。しいて考えるならパナソニック VL-SE50KPAよりもELPA CDS-500であると言うことができるでしょう。しかし、子機本体サイズの情報を比べても、商品を決めるうえで参考になりません。

子機本体サイズ評価
ELPA CDS-500
横:108mm、縦:79mm、厚さ:38mm90/100
パナソニック VL-SE50KPA
横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

パナソニック VL-SE50KPAの子機重量は220gで、ELPA CDS-500は113gというデータであると言えます。107gもの大幅な差がパナソニック VL-SE50KPAとELPA CDS-500に存在しELPA CDS-500の方が子機重量が極めて軽いということができます。

実際に使用するときにはELPA CDS-500よりもパナソニック VL-SE50KPAの子機重量は低い水準に感じとれると思います。パナソニック VL-SE50KPAをお勧めすることができない一つのポイントといえます。また、子機重量に配慮するのなら、パナソニック VL-SE50KPAはほとんどよくない選択といえそうです。

子機重量評価
ELPA CDS-500
113g95/100
パナソニック VL-SE50KPA
220g30/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SE50KPAとELPA CDS-500の玄関子機の設置可能数について比べた場合、ELPA CDS-500は1というデータとなっています。一方パナソニック VL-SE50KPAは2というデータとなっています。ELPA CDS-500は玄関子機の設置可能数が比較的少ないと言うことができパナソニック VL-SE50KPAとELPA CDS-500の差は1と言えます。玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、入居者が多いアパートや集合住宅でも、各部屋から見守りができるという利点があります。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンを利用することで、家族や職場の仲間とのコミュニケーションが大幅に改善されます。個室での営業や家族がプライバシーを重視する場合にも、お互いのコミュニケーションが円滑に行えます。

実際の使用を考慮すると、パナソニック VL-SE50KPAの方がELPA CDS-500の玄関子機の設置可能数に比べて割と上回っていると思います。ただし、確定的と言えるくらいの違いは無いため気を付ける必要があると言えます。

玄関子機の設置可能数評価
ELPA CDS-500
125/100
パナソニック VL-SE50KPA
240/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ELPA CDS-500
パナソニック VL-SE50KPA

ELPA CDS-500

ELPA CDS-500 と評価が同程度のインターホンを探す

ELPA CDS-500
パナソニック VL-SE50KPA

パナソニック VL-SE50KPA

パナソニック VL-SE50KPA と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報