アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3 と パナソニック VL-SE50KPA を比較

2023-05-21 14:34:11

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KPA
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KPA
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KPA
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KPA
総合評価:

58.9/100

(総合順位: 38/325)

46.9/100

(総合順位: 144/325)

親機本体サイズ
84/100
50/100
親機重量
78/100
30/100
親機画面サイズ
59/100
68/100
録画可能件数
50/100
50/100
待受時の親機消費電力
73/100
55/100
応答時の親機消費電力
85/100
34/100
子機本体サイズ
9/100
82/100
子機重量
30/100
30/100

スペック

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KPA
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KPA
基本情報
ワイヤレス対応 -
ハンズフリー対応
親機
親機本体サイズ横:137mm、縦:137mm、厚さ:25mm横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm
親機重量360g540g
親機画面サイズ4.3インチ5インチ
録画可能件数5050
待受時の親機消費電力1.2W1.4W
応答時の親機消費電力3.1W8.5W
室内子機
子機本体サイズ横:130mm、縦:100mm、厚さ:42mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量220g220g
室内モニターの設置可能数 - 2
玄関子機
玄関子機の設置可能数 - 2
ライト機能
広角レンズ対応 -
便利機能
火災報知機連動機能 -
プレストーク応答機能
SDカード録画機能 -

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

親機

親機本体サイズ

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の親機本体サイズは横:137mm、縦:137mm、厚さ:25mmとなっているのに対し、パナソニック VL-SE50KPAは横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mmというデータになっています。パナソニック VL-SE50KPAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は大幅な違いが存在します。これらの比較情報を考えると親機本体サイズについていえばアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の方がパナソニック VL-SE50KPAよりとても小さいといえます。親機本体サイズが小さいインターホンは、デザイン性にも優れ、インテリアに合わせた設置ができるメリットがあります。

親機本体サイズが小さいインターホンには、大きなメリットがあります。まず、インターホンの取り付けスペースが限られている場所でも、スムーズに取り付けができます。また、受話器やモニターといった部品が小型化されているため、デザイン性が高く、インテリアに馴染みやすいという利点もあります。さらに、小型化により省エネ効果が期待できるため、環境にも好影響をもたらすことができます。

この比較で明確に分かるように、親機本体サイズにおいてアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の方が感覚的にいって抜きん出ていると思います。パナソニック VL-SE50KPAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3において圧倒的にずば抜けて異うと言うことができるでしょう。したがって、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は有力選択肢の一つにあげられます。また、親機本体サイズを優先する人の場合、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3が適切といえるかもしれません。いずれにしても親機本体サイズは、商品選びに関する不可欠な材料の1つになります。

親機本体サイズ評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
横:137mm、縦:137mm、厚さ:25mm84/100
パナソニック VL-SE50KPA
横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm50/100

親機重量

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の親機重量は360gというデータになっています。またパナソニック VL-SE50KPAの親機重量は540gというデータになっています。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3のほうが遥かに親機重量が軽いと言えます。180gもの顕著な差がパナソニック VL-SE50KPAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3にあります。親機重量が軽いインターホンの長所は、壁面に取り付けやすく、設置場所を選ばない点です。

親機重量軽量インターホンの設置のしやすさ親機重量が軽いインターホンは、設置が簡単であり、片手で持ち上げることができるため、一人での設置も容易です。専門知識がなくても簡単に設置することができるため、不用意な設置ミスを防ぎ、安全性も向上します。また、重量が軽いことで、配線などの工事も簡単に行うことができます。

実際に活用する場面を考えると、パナソニック VL-SE50KPAに比べてアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は感覚的にいって、上回っていることが分かります。パナソニック VL-SE50KPAの採用を推奨することができない一つの注目すべきポイントとなります。親機重量は大きな要素になるといえるでしょう。

親機重量評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
360g78/100
パナソニック VL-SE50KPA
540g30/100

親機画面サイズ

親機画面サイズに関して見てみると、パナソニック VL-SE50KPAは5インチであるのに対してアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は4.3インチとなっています。パナソニック VL-SE50KPAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の差は0.7インチ見られアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は親機画面サイズはわずかに小さいということがわかります。

実践的な見地から考えると、親機画面サイズについて、パナソニック VL-SE50KPAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3に関して差はごく僅かに開いています。親機画面サイズについてアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3よりパナソニック VL-SE50KPAは体感的にいって、ごく僅かに高い水準にあります。商品を決めるうえで、親機画面サイズの情報は役に立ちません。

親機画面サイズ評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
4.3インチ59/100
パナソニック VL-SE50KPA
5インチ68/100

録画可能件数

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KPAを録画可能件数の観点について見てみると、パナソニック VL-SE50KPAは50というデータになっており、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は50となります。録画可能件数という点についてパナソニック VL-SE50KPAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の差はほぼ存在しません。そのため極めてよく似ていると言えるでしょう。

当社は最新鋭のインターホンを徹底的に評価し、その利点を紹介しています。今回取り上げたのは、録画可能件数が多いインターホン。この製品は、通常のインターホンと同じ機能に加え、大量の映像を保存することができます。これにより、セキュリティ面で大いに役立ちます。また、録画映像を見ることで、外出中に何が起こったかを確認することができるので、不審者を見つけたり、盗難防止対策に役立ちます。

この比較から分かるように、パナソニック VL-SE50KPAもアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3もほぼ同等にあると言うことができるでしょう。パナソニック VL-SE50KPAもアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3も全く無いと言ってしまえるほど違いはありません。ほかの角度から検討する必要性がありそうことが分かるでしょう。

録画可能件数評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
5050/100
パナソニック VL-SE50KPA
5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力について比べるとパナソニック VL-SE50KPAは1.4Wとなっているのに対し、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は1.2Wというデータと言えます。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の方が圧倒的に待受時の親機消費電力が小さいといえアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KPAの差は0.1Wとなっています。待受時の親機消費電力が小さいインターホンは、電気代の節約とともに環境保護に貢献できます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンは、現代社会が抱える環境問題に積極的に対応した家電製品の一つです。省エネ効果が高く、地球環境に貢献できることから、自分たちが生活する地球を守る一助となります。また、省エネ効果により電気代が節約でき、経済的なメリットもあります。

実用上の側面から言えば待受時の親機消費電力においてアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3はパナソニック VL-SE50KPAに比べて体感上高い水準にあることがわかります。パナソニック VL-SE50KPAは待受時の親機消費電力に注目する人にとってはいまいちな選択と考えることができそうです。そうでなくとも、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3を選択肢に加えることを考慮すべきであることが分かります。いずれにしても、待受時の親機消費電力を見ておくことで、より賢明な決定を下せるといえるでしょう。

待受時の親機消費電力評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
1.2W73/100
パナソニック VL-SE50KPA
1.4W55/100

応答時の親機消費電力

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KPAで応答時の親機消費電力に関して比べた場合、パナソニック VL-SE50KPAは8.5Wとなっているのに対し、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は3.1Wというデータとなっています。5.4Wもの比べ物にならない程顕著な差がアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KPAに存在しており、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は応答時の親機消費電力は断然小さいです。

実際に使うことを考えるとパナソニック VL-SE50KPAの応答時の親機消費電力のほうがアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3に比べて肌で感じられるほど微妙なレベルに感じられると思います。パナソニック VL-SE50KPAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の違いは相当といえるでしょう。したがって応答時の親機消費電力にこだわるならアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は魅力的な選択肢と考えられるかもしれません。

応答時の親機消費電力評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
3.1W85/100
パナソニック VL-SE50KPA
8.5W34/100

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SE50KPAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は、ハンズフリーに対応しているインターホンといえるでしょう。当社が行った評価によると、これらのインターホンは全てハンズフリーに対応しています。ハンズフリー機能があることで、忙しくて手が離せないときでも通話が可能で、とても助かります。

ハンズフリーに対応しているインターホンのメリットには、手を塞がずに通話できるという利便性が挙げられます。また、応答や切断をボタンひとつで行えるため、操作が簡単であるという点も魅力的です。さらに、複数の部屋に取り付けることによって、家の中でもコミュニケーションをスムーズにすることができます。

便利機能

プレストーク応答機能

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KPAはプレストーク応答機能を搭載しているインターホンです。プレストーク応答機能を搭載しているこれらのインターホンは、コンパクトでありながらも使い勝手が非常に良いと評価されています。ユーザーは、ボタンを押すだけでカンタンに通話することができ、応答もスピーディーです。

プレストーク応答機能を備えたインターホンは、家族や訪問者とコミュニケーションをとるための手間を省くことができます。また、プレストーク機能は、ドアを開く前に声を確認できるため、訪問者の身元確認ができます。このような機能を備えたインターホンは、セキュリティ面でも信頼性が高いといえます。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック VL-SE50KPAの子機本体サイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmというデータに対して、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の子機本体サイズは横:130mm、縦:100mm、厚さ:42mmというデータとなっています。子機本体サイズにおいてアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の方がパナソニック VL-SE50KPAより飛び抜けて大きいということが分かるでしょう。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KPAの差は飛び抜けて存在しています。子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、シンプルなデザインでインテリアに馴染みやすいことです。

近年の子機本体サイズが小さいインターホンは、使用時に非常に便利です。小さな子機本体は、手に取ることができるだけでなく、軽量で設置が容易です。これにより、ユーザーは迅速かつ簡単にインターホンに応答することができます。

子機本体サイズについて実際的な観点から見れば比べ物にならないくらいのギャップがあります。そのためアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は子機本体サイズを優先したい場合イマイチであると考えられそうです。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3にするべきではない理由の一つになるでしょう。いずれにしても子機本体サイズを基準に考えることで合理的な判断ができるといえます。

子機本体サイズ評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
横:130mm、縦:100mm、厚さ:42mm9/100
パナソニック VL-SE50KPA
横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

子機重量に関して比べた場合、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は220gとなっており、パナソニック VL-SE50KPAは220gとなります。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KPAの相当似ております。そのためほぼ同一にあるといえるでしょう。

実際の使用場面を考えるとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3もパナソニック VL-SE50KPAも体感的に、相当類似していると感じられるといえそうです。他の角度から評価することをお勧めします。

子機重量評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
220g30/100
パナソニック VL-SE50KPA
220g30/100

玄関子機

ライト機能

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3もパナソニック VL-SE50KPAもライト機能を搭載しているインターホンと言えるでしょう。これらのインターホンに搭載されているライト機能は、セキュリティ対策にも役立ちます。夜間に来訪者を確認する際に、ライトが明るく照らすことによって、不審な人物や物を素早く発見できます。そのため、家庭の防犯効果を高めるためには、ライト機能付きのインターホンの導入がおすすめです。

ライト機能を搭載しているインターホンには多くのメリットがあります。まず第一に、夜間でも訪問者を確認することができるため、セキュリティが向上します。また、玄関付近が明るくなるため、転倒事故の予防にもなります。さらに、玄関の鍵穴を見つけるのが容易になるため、鍵を開ける際のストレスを軽減することができます。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
パナソニック VL-SE50KPA

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3 と評価が同程度のインターホンを探す

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
パナソニック VL-SE50KPA

パナソニック VL-SE50KPA

パナソニック VL-SE50KPA と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報