アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3 と パナソニック VL-SE50KFA を比較レビュー

2023-05-21 15:05:10

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KFA
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KFA
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KFA
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KFA
総合評価:

58.9/100

(総合順位: 38/325)

53.7/100

(総合順位: 80/325)

親機本体サイズ
84/100
50/100
親機重量
78/100
30/100
親機画面サイズ
59/100
68/100
録画可能件数
50/100
50/100
待受時の親機消費電力
73/100
55/100
応答時の親機消費電力
85/100
34/100
子機本体サイズ
9/100
90/100
子機重量
30/100
90/100

スペック

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KFA
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3パナソニック VL-SE50KFA
基本情報
ワイヤレス対応 -
ハンズフリー対応
親機
親機本体サイズ横:137mm、縦:137mm、厚さ:25mm横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm
親機重量360g540g
親機画面サイズ4.3インチ5インチ
録画可能件数5050
待受時の親機消費電力1.2W1.4W
応答時の親機消費電力3.1W8.5W
室内子機
子機本体サイズ横:130mm、縦:100mm、厚さ:42mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm
子機重量220g170g
室内モニターの設置可能数 - 2
玄関子機
玄関子機の設置可能数 - 2
ライト機能
広角レンズ対応 -
便利機能
火災報知機連動機能 -
プレストーク応答機能
SDカード録画機能 -

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SE50KFAの親機本体サイズは横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mmであるのに対し、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の親機本体サイズは横:137mm、縦:137mm、厚さ:25mmです。ダントツの違いが存在します。これらの比較から明白なように、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の方がパナソニック VL-SE50KFAを圧倒しています。小型の親機本体サイズが小さいインターホンは、持ち運びも楽で、移動先でも使えるので便利です。

親機本体サイズが小さいインターホンの利点の一つは、省スペースであることです。場所をとらず、スッキリとした印象の設置が可能で、インテリアにもマッチします。さらに、小さなサイズだからこそ、コードレスで設置することもでき、利便性が高まります。

実際に使う場面において、パナソニック VL-SE50KFAの親機本体サイズよりもアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の親機本体サイズは有利にあると感じるでしょう。従って、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は親機本体サイズにこだわるのなら採用すべきと言うことができそうです。そうでなくとも、パナソニック VL-SE50KFAはおすすめしないです。

親機本体サイズ評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
横:137mm、縦:137mm、厚さ:25mm84/100
パナソニック VL-SE50KFA
横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm50/100

親機重量

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の親機重量は360gというデータになっています。またパナソニック VL-SE50KFAの親機重量は540gというデータになっています。パナソニック VL-SE50KFAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の差は180g存在し、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は極めて親機重量は軽いことがわかるでしょう。親機重量が軽いインターホンの良い点は、設置場所を選ばず自由に設置できるところです。

親機重量が軽いインターホンは、設置場所や移動の自由度が高く、多彩な設置方法が可能です。例えば、壁掛け以外にも、机や棚に設置することもできます。また、持ち運びも楽に行え、イベント会場や一時的なオフィスなど、様々な場所で利用できます。

実際に利用する上での観点から見ると、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3はパナソニック VL-SE50KFAに比べて感覚的にいって、一回りよいであることが分かります。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は親機重量が重要な場合採用すべきと言うことができそうです。ともあれ、親機重量を加味することで、より正確な選択をすることができると言えます。

親機重量評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
360g78/100
パナソニック VL-SE50KFA
540g30/100

親機画面サイズ

親機画面サイズの点で比較してみると、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は4.3インチである一方、パナソニック VL-SE50KFAは5インチになります。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3のほうが親機画面サイズはわずかに小さいということができます。0.7インチのすこしの違いがパナソニック VL-SE50KFAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3に見られます。

これらの比較で明確に分かるように親機画面サイズに関してパナソニック VL-SE50KFAよりもアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の方がほんのわずかにイマイチな水準に感じとれるでしょう。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KFAに関して感覚的に、少し差が存在します。ほかの角度から採用するほうが良さそうといえます。

親機画面サイズ評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
4.3インチ59/100
パナソニック VL-SE50KFA
5インチ68/100

録画可能件数

パナソニック VL-SE50KFAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3を録画可能件数に関して比較してみると、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は50であり、パナソニック VL-SE50KFAは50です。録画可能件数を見てみると、差は殆どないデータであり、よく類似しています。

録画可能件数が多いインターホンのメリットは、防犯対策に非常に有効です。昨今の防犯意識の高まりを受け、多くの家庭では防犯カメラの導入が進んでいますが、インターホンとカメラをセットで導入することができれば、より高度な防犯対策が可能です。また、万が一不審者が侵入した場合、警察への証拠提出にも役立ちます。

この比較から分かるように、パナソニック VL-SE50KFAもアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3もほぼ同等にあると言うことができるでしょう。パナソニック VL-SE50KFAもアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3も全く無いと言ってしまえるほど違いはありません。商品を選択するうえで、録画可能件数の情報は殆ど意味がありません。ほかの角度から選んだほうがよいことが分かるでしょう。

録画可能件数評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
5050/100
パナソニック VL-SE50KFA
5050/100

待受時の親機消費電力

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の待受時の親機消費電力は1.2Wである一方、パナソニック VL-SE50KFAの待受時の親機消費電力は1.4Wというデータです。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は相当待受時の親機消費電力が小さいといえます。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KFAの差は0.1Wことが分かります。待受時の親機消費電力が小さいインターホンは、省エネに配慮しているご家庭にぴったりです。

待受時の親機消費電力が少ないインターホンは、何よりも省エネルギーな製品であると言えます。このため、電気代を削減したいと考えている方にとっては非常に魅力的な選択肢となるでしょう。また、環境にも優しい製品であるため、長期間使用する場合でも気兼ねなく利用することができます。

実際の現場で考えると、待受時の親機消費電力に関してアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3よりパナソニック VL-SE50KFAはひときわ微妙な水準にあると感じるでしょう。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KFAの違いはひときわ存在しています。そのため、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は待受時の親機消費電力を重要視するのであれば選択肢にあがると考えることができそうです。

待受時の親機消費電力評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
1.2W73/100
パナソニック VL-SE50KFA
1.4W55/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関してアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KFAで比較してみるとパナソニック VL-SE50KFAは8.5Wというデータに対し、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は3.1Wとなります。違いはかなり飛び抜けて開いていると言えるでしょう。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の応答時の親機消費電力はパナソニック VL-SE50KFAよりかなり小さいということができます。

これらの比較情報で明白にわかるようにパナソニック VL-SE50KFAの応答時の親機消費電力はアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の応答時の親機消費電力より不十分と感じると思います。従って、パナソニック VL-SE50KFAにしないための注目すべき材料の一つと言えます。また、応答時の親機消費電力に配慮する人の場合、パナソニック VL-SE50KFAを選ぶべきではないと考えることができそうです。

応答時の親機消費電力評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
3.1W85/100
パナソニック VL-SE50KFA
8.5W34/100

便利機能

プレストーク応答機能

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KFAはプレストーク応答機能を搭載しているインターホンです。プレストーク応答機能が搭載されたこれらのインターホンは、来訪者がボタンを押さずに話し始めることができるため、不在時でもメッセージが残せます。また、この機能は騒音がある場所でも声をしっかりと拾ってくれるため、使い勝手が良いと評判です。これらのメリットを持つインターホンは、住宅におけるセキュリティ強化にも繋がるため、おすすめの製品です。

プレストーク応答機能が搭載されたインターホンは、忙しい方や外出が多い方にとって便利な機能です。出先や玄関先で、訪問者と簡単にやり取りができるので、効率的な生活を送ることができます。また、プレストーク機能は、インターホンを押してから鳴動するまでの時間が短縮されるため、スムーズな訪問者対応が可能になります。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SE50KFAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は、ハンズフリーに対応しているインターホンといえるでしょう。当社が評価するこれらのインターホンは、ハンズフリーに対応しており、電話中に手を使う必要がありません。また、これらのインターホンは、品質の高さと使いやすさが特徴であることがわかります。

一部のハンズフリーに対応しているインターホンは、顔認識機能を搭載しており、簡単かつ確実に応答することができます。また、音声認識機能もあるため、老若男女を問わず快適に利用できます。さらに、非接触で応答できるため、衛生面でも優れています。

室内子機

子機本体サイズ

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KFAの子機本体サイズに関して比較するとパナソニック VL-SE50KFAは横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mmであるのに対してアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は横:130mm、縦:100mm、厚さ:42mmとなります。パナソニック VL-SE50KFAの子機本体サイズと比べるとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の子機本体サイズの方が比べ物にならないほど劣っています。アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KFAは凄い差が見られます。インテリアに配慮したい場合、子機本体サイズが小さいインターホンは、デザイン性に優れ、スッキリとした印象を与えてくれます。

子機本体サイズが小さいインターホンの利点の一つは、設置に制限がないことです。マンションやアパートなど、狭いスペースに住んでいる方でも、設置場所に悩むことなく選択することができます。また、小型であるため、唯一のインターホンとしても十分な機能を持っています。

実際に使うことを考えると、パナソニック VL-SE50KFAの子機本体サイズのほうがアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3より良いと感じるでしょう。このため、子機本体サイズに配慮したい人の場合、パナソニック VL-SE50KFAは最適な選択と考えることができそうです。子機本体サイズは、決定を下す上で不可欠な判断材料の1つになると思います。

子機本体サイズ評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
横:130mm、縦:100mm、厚さ:42mm9/100
パナソニック VL-SE50KFA
横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm90/100

子機重量

子機重量の点においてアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3とパナソニック VL-SE50KFAを比べた場合、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3は220gというデータである一方、パナソニック VL-SE50KFAは170gというデータです。パナソニック VL-SE50KFAとアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の差は圧倒的です。この比較情報から明確にわかるように、アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3の方がパナソニック VL-SE50KFAに比べて一回り重いということがわかります。

実際の利用を想定したとき子機重量においてアイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3よりもパナソニック VL-SE50KFAは非常に優秀と感じると思います。差は比べ物にならないくらい際立って開いていると考えられます。そのため、パナソニック VL-SE50KFAをおすすめする決め手の一つとなります。また、パナソニック VL-SE50KFAは子機重量に注目するなら適していると言うことができそうです。

子機重量評価
アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
220g30/100
パナソニック VL-SE50KFA
170g90/100

玄関子機

ライト機能

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3もパナソニック VL-SE50KFAもライト機能を搭載しているインターホンと言えるでしょう。これらのインターホンは、ライト機能を搭載しているため、暗い場所でも映像の確認が容易です。また、ライトが点灯することで、訪問者に対し安全面でも利点があります。

購入するインターホンには、ライト機能が搭載されていることが説明されているものが多くあります。ライト機能は、見知らぬ訪問者や深夜帰宅の際に便利な機能です。また、ライトの明るさや点滅の頻度を調節できるものもあり、使用者の好みに合わせて調整することができます。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
パナソニック VL-SE50KFA

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3 と評価が同程度のインターホンを探す

アイホン ワイヤレステレビドアホン ZA-TD3
パナソニック VL-SE50KFA

パナソニック VL-SE50KFA

パナソニック VL-SE50KFA と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報