アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH と パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF を比較レビュー

2023-05-21 16:03:28

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
総合評価:

40.8/100

(総合順位: 213/325)

57.3/100

(総合順位: 50/325)

親機本体サイズ
66/100
18/100
親機重量
62/100
12/100
親機画面サイズ
59/100
90/100
録画可能件数
10/100
90/100
待受時の親機消費電力
10/100
10/100
応答時の親機消費電力
66/100
10/100
子機本体サイズ
38/100
82/100
子機重量
30/100
70/100
玄関子機の設置可能数
25/100
70/100

スペック

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
基本情報
ハンズフリー対応
親機
親機本体サイズ横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm横:210mm、縦:183.5mm、厚さ:29mm
親機重量420g860g
親機画面サイズ4.3インチ7インチ
タッチパネル -
録画可能件数30240
待受時の親機消費電力6W6W
応答時の親機消費電力6W14W
室内子機
子機本体サイズ横:129mm、縦:97mm、厚さ:36mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量220g180g
子機モニター -
子機ディスプレイサイズ - 2.7インチ
室内モニターの設置可能数 - 7
室内通話機能 -
玄関子機
玄関子機の設置可能数13
ライト機能
広角レンズ対応
便利機能
火災報知機連動機能 -
電気錠連動機能 -
スマートフォン対応 -
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

基本情報

ハンズフリー対応

どちらもハンズフリーに対応しているインターホンであるといえるでしょう。これらのインターホンには、ハンズフリー機能があり、手を塞いでいる状態でも安心して使用できます。また、通話品質が高く、音声がクリアで、相手とのコミュニケーションがスムーズに行えます。

さらに、ハンズフリーに対応しているインターホンは、遠隔操作ができる場合もあります。つまり、外出先からでも、スマホを通じて会話ができるようになっています。この機能は、不在時でも安心して家を出ることができるため、多くの人にとって、心強い機能となっています。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの子機本体サイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmというデータに対して、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの子機本体サイズは横:129mm、縦:97mm、厚さ:36mmというデータとなっています。これらの比較情報で明白なように、子機本体サイズに関してみてみるとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHよりもパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFのほうが比較にならない程小さいです。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの差は著しく開いていると言うことができるでしょう。子機本体サイズが小さいインターホンは、コンパクトながら性能が十分であり、スマートなデザインが空間にマッチするので、インテリアにも影響を与えません。

子機本体サイズが小さいインターホンを使うと、効率的なコミュニケーションができます。小型であるため、必要最低限の機能しかなく、設定も簡単です。そのため、子どもから高齢者まで、誰でも利用しやすく、円滑なコミュニケーションを図ることができます。

実際の利用を考えると、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの子機本体サイズの方がパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFと比べると感じられるほど低いレベルであると感じられるでしょう。従って、子機本体サイズにこだわる場合、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHを選ぶべきではないと考えることができそうです。そうでなくともアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHを候補の一つから排除すべきと思います。

子機本体サイズ評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
横:129mm、縦:97mm、厚さ:36mm38/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの子機重量は180gというデータに対し、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの子機重量は220gです。40gもの凄い違いがパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHに見られ、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの方がとても子機重量は軽いといえるでしょう。

子機重量に関してアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHはパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFに比べて低いレベルと感じるでしょう。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFについてかなり違うと考えられます。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFが選択肢にあがる一つの注目すべきポイントになります。子機重量を重要視する人にとって、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHにするべきではないと考えられそうです。子機重量を見ておくことが、合理的な決定につながると言えるでしょう。

子機重量評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
220g30/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
180g70/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの玄関子機の設置可能数は3となっているのに対し、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの玄関子機の設置可能数は1になります。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは特別な差が見られます。これらの比較情報から分かるように、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFよりアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは玄関子機の設置可能数が際立って少ないと言うことができます。玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、多人数で暮らす家庭や集合住宅に最適です。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンには、大きなメリットがあります。まず、家族が多い場合でも、各部屋から玄関子機が設置できるため、より生活の利便性が向上します。また、設置可能数が多いため、来客に対して素早く対応できることも特徴です。さらに、会社などのオフィスにおいても、複数の部署から玄関子機を設置することができるため、業務の円滑化に繋がることも期待できます。

これらの比較で明確に分かるように玄関子機の設置可能数についてパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの方がアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHよりすばらしいと感じとれるでしょう。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの体感上の差はとても飛び抜けて開いています。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHを選択しないための一つの注目すべき判断材料といえるかもしれません。また、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは玄関子機の設置可能数にこだわる人にとっては殆どよくない選択肢といえそうです。

玄関子機の設置可能数評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
125/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
370/100

ライト機能

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHもパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFもライト機能を搭載しているインターホンとなっています。これらのインターホンの中で、一番オススメできるのはライト機能を搭載しているものです。この機能は、暗くなった時にも訪問者を確認することができるため、セキュリティ面でも優れています。また、夜間に帰宅する際も、明るく照らしてくれるため、安心して入室することができます。

ライト機能を搭載したインターホンは、夜間はもちろん、昼間でも日差しが強い場所での画面視認性向上にも効果があります。また、音声だけでなく映像でも訪問者を確認できるため、安全面も向上します。さらに、夜間でも帰宅時の鍵開けが容易になるため、日常的な利便性も高いです。

広角レンズ対応

どちらも広角レンズに対応しているインターホンです。これらのインターホンは、広角レンズに対応しているため、広い範囲をカバーできます。また、映像も非常に鮮明で、見た目が美しく、使いやすいです。

広角レンズに対応しているインターホンを利用することで、訪問者が複数人いても、確実に確認できることができます。また、狭いスペースでも見通しが良くなるため、室内でも快適に利用できます。さらに、周囲の状況をよく把握してから出入りすることができるので、安全性がより一層保たれます。

親機

親機本体サイズ

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの親機本体サイズは横:210mm、縦:183.5mm、厚さ:29mmであるのに対し、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの親機本体サイズは横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmです。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの違いはかなり大きく開いています。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFよりもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは親機本体サイズがかなり小さいと言うことができるでしょう。小型の親機本体サイズを採用したインターホンは、スタイリッシュなデザイン性に加え、存在感を抑えるための効果があります。

インターホンの親機本体サイズが小さい場合、スリムなデザインにより、部屋のインテリアに邪魔されることがありません。また、設置場所を選ばないため、コンパクトな住宅にも違和感なく設置できます。

実際に使う場面において、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの親機本体サイズよりもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの親機本体サイズは有利にあると感じるでしょう。従って、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFを選ぶべきでない重要な判断材料と言えます。親機本体サイズを見ておくことは、最適な決定を下す上で大きな手掛かりと言えるでしょう。

親機本体サイズ評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
横:210mm、縦:183.5mm、厚さ:29mm18/100

親機重量

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの親機重量は420gというデータである一方、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの親機重量は860gです。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの違いは440gあり、これらの違いは断然ずば抜けて開いていると言えます。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHはパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFより親機重量は際立って軽いことが分かるでしょう。親機重量が軽いインターホンのメリットとして、取り付けが簡単である点が挙げられます。それにより、施工時間が短縮され、コスト削減にもつながります。

安心の親機重量が軽いインターホン親機重量が軽いインターホンは、メーカーによっても品質が異なりますが、信頼性の高い製品を選ぶことで安心して使用できます。防犯性能に優れた製品もあり、不審者対策にも有効です。

実際に利用する上での観点から見ると、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHはパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFに比べて感覚的にいって、一回りよいであることが分かります。そのためアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは親機重量を優先するのであれば選択肢にあがると考えることができそうです。ともあれ親機重量を検討することがより適切な決断につながるでしょう。

親機重量評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
420g62/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
860g12/100

親機画面サイズ

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの親機画面サイズは7インチとなっている一方、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの親機画面サイズは4.3インチというデータであると言えます。2.7インチ程度の差が存在しています。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHよりパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFはダントツで親機画面サイズは大きいと言えるでしょう。

実際の使用において考えると親機画面サイズに関してアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHよりもパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFのほうが体感的にとても優位にあります。したがってパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFが選択肢に挙がる一つの重要なポイントと言えるかもしれません。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFは親機画面サイズを重視する場合理想的な選択肢と考えることができるかもしれません。ともあれ親機画面サイズを考慮することはより賢明な選択をする上で必要不可欠な手掛かりと言えるでしょう。

親機画面サイズ評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
4.3インチ59/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
7インチ90/100

録画可能件数

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFで録画可能件数において比較するとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは30というデータになっています。一方でパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFは240というデータになっています。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの違いは非常にずば抜けて開いています。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHはパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFよりも録画可能件数は一回り少ないと言うことができます。録画可能件数が多いインターホンを利用することで、複数の場所からの映像を記録でき、家族やペットの安全確認に役立ちます。また、監視カメラ代わりにもなり得ます。

録画可能件数が多いインターホンのメリットとして、常に安心して暮らすことができます。例えば、自分の家の周りに不審な人物が現れた場合でも、録画映像を残すことができるので、万が一事件が起こった場合には証拠として役立ちます。また、長期間家を空けることがある場合でも、録画映像を確認することで家に入った不審な人物を発見することができ、セキュリティ面においても大きなメリットがあります。

これらの比較情報を考えると録画可能件数についてパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFはアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHよりも体感的に言ってかなり高いレベルにあるでしょう。このため、録画可能件数が重要な場合、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFを採用したほうがいいと考えられるかもしれません。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFを使う上で材料の一つとなります。

録画可能件数評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
3010/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
24090/100

待受時の親機消費電力

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHを待受時の親機消費電力の視点で比較すると、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは6Wに対して、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFは6Wというデータになっています。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFのあいだに差はほぼ存在しません。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、コスト削減につながることです。電気代が削減されるだけでなく、省エネによりトラブルの発生率が低下するため、メンテナンス費用も削減できます。このようなインターホンを使用することで、経済的な面でも大きなメリットが得られます。

実際に活用する場面を考えると、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHも全くといっていいほど同水準に感じられるかもしれません。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHも違いは殆ど見られません。ほかの側面から選択することをオススメします。

待受時の親機消費電力評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
6W10/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
6W10/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関してアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFで比較してみるとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFは14Wというデータに対し、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは6Wとなります。8Wもの比べ物にならない程の違いがアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFに見られます。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの方が一段と応答時の親機消費電力が大きいことが分かるでしょう。

実際に使うことを考えるとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFの応答時の親機消費電力のほうがアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHに比べて肌で感じられるほど微妙なレベルに感じられると思います。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの違いは相当といえるでしょう。そのためパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFはおすすめできません。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFは応答時の親機消費電力に注目するのであればよくない選択でしょう。

応答時の親機消費電力評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
6W66/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF
14W10/100

便利機能

プレストーク応答機能

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHもパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFもプレストーク応答機能を搭載していると言えます。これらのインターホンには、プレストーク応答機能が搭載されています。これにより、来訪者がボタンを押す前に、話し始めることができ、素早い対応が可能です。また、この機能は大変使い勝手が良く、特に年配の方でも簡単に操作ができます。これらの特徴を持つインターホンは、暮らしを便利にする上で大変優れた製品だと言えます。

プレストーク応答機能が搭載されたインターホンは、忙しい方や外出が多い方にとって便利な機能です。出先や玄関先で、訪問者と簡単にやり取りができるので、効率的な生活を送ることができます。また、プレストーク機能は、インターホンを押してから鳴動するまでの時間が短縮されるため、スムーズな訪問者対応が可能になります。

SDカード録画機能

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KFは、どちらもSDカード録画機能を搭載しているインターホンと言うことができます。SDカード録画機能を搭載したこれらのインターホンは、デザイン性も高く、おしゃれなインテリアにも適しています。録画された映像を再生することができ、赤ちゃんやペットの様子も確認できます。防犯面でも効果が高く、家族の健康と安全を保つためには最適な選択肢です。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンは、セキュリティだけでなく、快適な生活にも貢献できます。例えば、留守中に来訪者がいた場合でも、録画機能によっていつでも確認することができ、売り手や宅配業者とのやり取りもスムーズになります。このように、SDカード録画機能は、人々の生活をより安全かつ快適にするための重要な機能の一つと言えます。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH と評価が同程度のインターホンを探す

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KF と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報