徹底レビュー: アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH と パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS

2023-05-21 13:49:12

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
総合評価:

40.8/100

(総合順位: 213/325)

53.1/100

(総合順位: 85/325)

親機本体サイズ
66/100
18/100
親機重量
62/100
12/100
親機画面サイズ
59/100
90/100
録画可能件数
10/100
90/100
待受時の親機消費電力
10/100
10/100
応答時の親機消費電力
66/100
10/100
玄関子機の設置可能数
25/100
70/100

スペック

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
基本情報
ハンズフリー対応
親機
親機本体サイズ横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm横:210mm、縦:183.5mm、厚さ:29mm
親機重量420g860g
親機画面サイズ4.3インチ7インチ
タッチパネル -
録画可能件数30240
待受時の親機消費電力6W6W
応答時の親機消費電力6W14W
室内子機
子機本体サイズ横:129mm、縦:97mm、厚さ:36mm -
子機重量220g -
子機モニター -
子機ディスプレイサイズ - 2.7インチ
室内モニターの設置可能数 - 7
室内通話機能 -
玄関子機
玄関子機の設置可能数13
ライト機能
広角レンズ対応
便利機能
火災報知機連動機能 -
電気錠連動機能 -
スマートフォン対応 -
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

親機

親機本体サイズ

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの親機本体サイズは横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmというデータである一方、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの親機本体サイズは横:210mm、縦:183.5mm、厚さ:29mmとなっています。これらの比較情報から明らかなように、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの親機本体サイズに比べてパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの親機本体サイズの方が比較にならない程大きいと言えます。違いは比較にならない程見られます。親機本体サイズが小さいインターホンは、スマートなデザイン性に加え、設置場所を選ばず、シンプルに使い勝手が良い。

小さい親機本体サイズが備わったインターホンには、多くのメリットがあります。例えば、親機本体を設置するスペースの確保が容易になります。また、小さいサイズであるため、取り付け場所を選びません。更に、親機本体がコンパクトであるため、配線もスマートに処理できます。

この比較で明白に分かるように、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの方がアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHと比べると感覚的に言って、かなり良くないと感じるでしょう。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHにおいて感じられる程の差は極端に存在します。したがって親機本体サイズを重視する人の場合アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHがよいといえそうです。そうでなくとも、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは候補の一つから外れるでしょう。いずれにしても、親機本体サイズは不可欠な手掛かりになります。

親機本体サイズ評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
横:210mm、縦:183.5mm、厚さ:29mm18/100

親機重量

親機重量という点において見てみるとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは420gというデータとなっている一方、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは860gというデータです。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの違いは440gあり、これらの違いは断然ずば抜けて開いていると言えます。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHはパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSより親機重量は際立って軽いことが分かるでしょう。親機重量が軽いインターホンのメリットは、取り付けが簡単で、設置場所を選びません。また、子機も軽い場合が多いので、使い勝手が良いです。

親機重量が軽いインターホンのメリット親機重量が軽いインターホンは、設置において利便性が高まります。重量が軽いため、簡単に設置でき、壁にも負荷がかかりにくく、耐久性が向上します。また、付属品として購入する際も、送料などのコストが節約できる点もあります。

実際の用途において考えるとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの方がアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHに比べてかなり物足りないレベルと感じるでしょう。このためアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHを選ぶほうが良い重視すべき理由の一つになります。またパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは親機重量を優先する場合ストレスに感じるでしょう。親機重量を検討することが後悔しない選択につながると言えます。

親機重量評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
420g62/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
860g12/100

親機画面サイズ

親機画面サイズの観点から比較すると、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは4.3インチというデータであるといえます。一方でパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは7インチというデータであるといえます。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの方が親機画面サイズははるかに大きいと言うことができアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの違いは2.7インチと言えます。

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSに比べてアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの親機画面サイズの方が際立って微妙なレベルにあると言えるかもしれません。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSはおすすめことが分かるでしょう。またアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは親機画面サイズを重要視するならいまいちな選択と考えられるかもしれません。いずれにしても親機画面サイズを考慮することはより適切な選択をする上で大きな基準と思います。

親機画面サイズ評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
4.3インチ59/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
7インチ90/100

録画可能件数

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSで録画可能件数において比較するとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは30というデータになっています。一方でパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは240というデータになっています。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSのほうがアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHよりも比べ物にならないほど優位にあると言えます。相当な差があります。録画可能件数が多いインターホンのメリットは、長期間にわたって録画を保存できることです。これにより、家族の映像を保存することもでき、思い出を振り返ることができます。

録画可能件数が多いインターホンを使用することで、住宅のセキュリティを強化することができます。留守中でも24時間録画機能があるため、不審者が侵入した場合でも、すぐに対応することができます。また、訪問者を映像で確認することができるため、空き巣や詐欺被害を防ぐことも可能です。

実際に使うことを想定したとき録画可能件数に関してパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの方がアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHよりも際立って高いレベルであるといえるでしょう。このため録画可能件数を気にする人にとってはパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは理想的な選択肢と考えることができそうです。そうでなくとも、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHを採用しない要素の一つになるでしょう。

録画可能件数評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
3010/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
24090/100

待受時の親機消費電力

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHの待受時の親機消費電力は6Wというデータであるのに対しパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは6Wというデータとなっています。待受時の親機消費電力に関してはアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSはよく似ているといえるでしょう。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットとしては、省エネ効果が挙げられます。待機モード時の電力消費を抑えることで、電気代の節約につながります。また、地球環境にもやさしい製品と言えるでしょう。また、電力消費量が少ないため、故障の原因となる部品の消耗が緩和されるという利点もあります。

待受時の親機消費電力について実用的な利点を考えると、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHも全くといっていいほど差は見られません。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHも感覚上よく類似しています。商品選択において、待受時の親機消費電力の情報は全くといえるほど役に立ちません。他の点で考慮した方が良さそうということが分かるでしょう。

待受時の親機消費電力評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
6W10/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
6W10/100

応答時の親機消費電力

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの応答時の親機消費電力は14Wというデータに対してアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは6Wというデータです。パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSのほうが応答時の親機消費電力は飛び抜けて大きいと言えアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSの差は8Wとなります。

実際に利用する上での観点から見ると、応答時の親機消費電力という点において飛び抜けて大きく違っています。そのため応答時の親機消費電力を重視するのならアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHはお勧めできると考えられるかもしれません。そうでなくともパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは候補の一つから外れるといえそうです。

応答時の親機消費電力評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
6W66/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
14W10/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数の点でパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSとアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHを比べた場合、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSは3というデータに対しアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは1です。アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは玄関子機の設置可能数がかなり少ないと言うことができます。2もの相当な違いがアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSに存在しています。1. 玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、大家族やオフィスなど人数が多い場所での利用に適している点です。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンを利用することで、家族や職場の仲間とのコミュニケーションが大幅に改善されます。個室での営業や家族がプライバシーを重視する場合にも、お互いのコミュニケーションが円滑に行えます。

実際に使用する場合に考えると、パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSはアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHに比べて非常に高い水準であると感じるでしょう。したがって玄関子機の設置可能数にこだわるのならアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHはイマイチであると考えることができそうです。そうでなくとも、アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHは選択肢の一つから落ちるかもしれません。

玄関子機の設置可能数評価
アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
125/100
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS
370/100

ライト機能

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHもパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSもライト機能を搭載しているインターホンとなっています。夜間や暗い場所でのセキュリティをより確保するために、これらのインターホンにはライト機能が欠かせません。そして、大手メーカーからも多くの商品が出ていることからも、需要の高さがうかがえます。

ライト機能を搭載しているインターホンには、夜間や暗い場所での視認性が向上するというメリットがあります。また、暗い場所で出入りする人へのセキュリティ向上にも繋がります。ライト機能のあるインターホンは、快適な生活をサポートする優れた機能です。

広角レンズ対応

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHも広角レンズに対応しているといえるでしょう。広角レンズに対応していることにより、これらのインターホンは、見た目以上にスペースを占有することなく、広く見渡せるというメリットを持ちます。失敗のない購入には必須な機能です。

広角レンズに対応しているインターホンには、見える範囲が広く、不審者の偵察行為に対して適切に対応することができます。また、訪問者が複数いる場合でも、すべての人物を確認できるため、安全確保にも役立ちます。さらに、狭いスペースでも見通しが良くなるため、室内でも快適に利用できるでしょう。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHもハンズフリーに対応しているインターホンということができます。これらのインターホンには、ハンズフリー機能があり、手を塞いでいる状態でも安心して使用できます。また、通話品質が高く、音声がクリアで、相手とのコミュニケーションがスムーズに行えます。

ハンズフリーに対応しているインターホンは、場所を選ばず応答が可能なため、移動中にも非常に便利です。特に自転車を利用する人にとっては、アクセサリーなどを取り出すことなく応答できるため、安全に通話ができます。仕事中やショッピング中でも、手が塞がっている場合でも応答できるため、待ち時間がなくなります。

便利機能

プレストーク応答機能

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHとパナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSはプレストーク応答機能を搭載していると言えます。これらのインターホンは、プレストーク応答機能を搭載しているため、居住者が簡単に来客に対応できます。また、この機能により、不在時にも自動応答が可能であり、利便性が高くなっています。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、家族や来客にも非常に使いやすいという楽な側面があることが利点の一つです。プレストーク機能を使うことにより、話し手が誰であるかを事前に聞くことができるため、返答の仕様がより明確になり、よりスムーズなコミュニケーションが可能です。

SDカード録画機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KSもアイリスオーヤマ TD-SM3010-WSHもSDカード録画機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。SDカード録画機能を持ったこれらのインターホンは、防犯対策としてもおすすめです。不審な人物が現れた場合でも、それを記録することができます。また、録画機能があるため、自宅を空ける際にも安心して外出できます。SDカードのシステムは操作も簡単で初心者でも簡単に扱えることができます。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンのメリットとして、不審者が自宅に訪れた場合、映像や音声を録画することで、警察に証拠として提供できます。さらに、子どもたちが家に一人でいる場合には、録画しておけば、安全面にも心配がなくなります。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH と評価が同程度のインターホンを探す

アイリスオーヤマ TD-SM3010-WSH
パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS

パナソニック 外でもドアホン VL-SWE750KS と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報