パナソニック VL-SE50KFA vs パナソニック VL-SZ50KF (2017): 比較レビュー

2023-05-21 14:40:12

パナソニック VL-SE50KFAパナソニック VL-SZ50KF (2017)
パナソニック VL-SE50KFAパナソニック VL-SZ50KF (2017)
パナソニック VL-SE50KFAパナソニック VL-SZ50KF (2017)
パナソニック VL-SE50KFAパナソニック VL-SZ50KF (2017)
総合評価:

53.7/100

(総合順位: 80/325)

56.4/100

(総合順位: 58/325)

親機本体サイズ
50/100
50/100
親機重量
30/100
30/100
親機画面サイズ
68/100
68/100
録画可能件数
50/100
50/100
待受時の親機消費電力
55/100
55/100
応答時の親機消費電力
34/100
34/100
子機本体サイズ
90/100
90/100
子機重量
90/100
90/100
玄関子機の設置可能数
40/100
40/100

スペック

パナソニック VL-SE50KFAパナソニック VL-SZ50KF (2017)
パナソニック VL-SE50KFAパナソニック VL-SZ50KF (2017)
基本情報
ハンズフリー対応 -
親機
親機本体サイズ横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm
親機重量540g540g
親機画面サイズ5インチ5インチ
録画可能件数5050
待受時の親機消費電力1.4W1.4W
応答時の親機消費電力8.5W8.5W
室内子機
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm
子機重量170g170g
室内モニターの設置可能数2 -
玄関子機
玄関子機の設置可能数22
ライト機能
広角レンズ対応
便利機能
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能 -
SDカード録画機能

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

便利機能

火災報知機連動機能

どちらも火災報知機連動機能がついているインターホンといえるでしょう。これらのインターホンには重要な機能があります。火災報知機連動機能がついているため、火災に対する確実な対応が可能です。これは、住宅にとって非常に重要な機能といえます。

火災報知機連動機能がついているインターホンのメリットは、緊急時に確実かつ迅速に対応できることです。火災などの災害が発生した場合、住民に迅速に通知することが重要であり、この機能によって、適切な対応が可能となります。また、日常生活でも、インターホンを通じて安全なコミュニケーションを確保することができます。

SDカード録画機能

パナソニック VL-SE50KFAとパナソニック VL-SZ50KF (2017)は、どちらもSDカード録画機能を搭載しているインターホンと言うことができます。これらのインターホンには、SDカード録画機能が搭載されているため、不在時にも来客を確認することができます。また、録画した映像を後から確認することができるため、セキュリティレベルの向上に繋がります。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンのメリット暮らしに欠かせないインターホンですが、SDカード録画機能が搭載されることで、より一層安心して使うことができます。例えば、不審者が訪問してきた際には、その様子をSDカードに記録することができるため、防犯にも繋がります。また、留守番時には、訪問者からの伝言を記録することができ、便利な機能です。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック VL-SE50KFAの子機本体サイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mmとなっているのに対してパナソニック VL-SZ50KF (2017)の子機本体サイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mmです。子機本体サイズに関してパナソニック VL-SZ50KF (2017)とパナソニック VL-SE50KFAの全くといっていいほど同水準ということができ、極めて類似しています。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、場所を取らないことです。住居の玄関や小さなショップなどで設置する場合、スペースを取り過ぎずに済むのは大変便利です。また、小柄な子どもでも使いやすく、操作性も良好です。

これらの比較情報で明らかなようにパナソニック VL-SE50KFAもパナソニック VL-SZ50KF (2017)も相当よく似ているといえるでしょう。商品選びにおいて、子機本体サイズの情報はほとんど意味がありません。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE50KFA
横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm90/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm90/100

子機重量

子機重量に関して比べた場合、パナソニック VL-SE50KFAは170gとなっており、パナソニック VL-SZ50KF (2017)は170gとなります。パナソニック VL-SZ50KF (2017)とパナソニック VL-SE50KFAの違いはほぼないデータとなっており同一グレードの子機重量というデータになっています。

実際の使用場面を考えるとパナソニック VL-SE50KFAもパナソニック VL-SZ50KF (2017)も体感的に、相当類似していると感じられるといえそうです。他の角度から検討することを是非推奨します。

子機重量評価
パナソニック VL-SE50KFA
170g90/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
170g90/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SE50KFAとパナソニック VL-SZ50KF (2017)の玄関子機の設置可能数についてみてみると、パナソニック VL-SZ50KF (2017)は2であるのに対し、パナソニック VL-SE50KFAは2となっています。パナソニック VL-SE50KFAとパナソニック VL-SZ50KF (2017)の全くといえるほど同等ということができ、玄関子機の設置可能数についていえば、差はすこししか無いというデータです。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、大規模な住宅にお住まいの方には特におすすめです。各部屋や階ごとに玄関子機を設置し、建物内のどこからでも快適に通話ができます。また、来客者とのコミュニケーションが円滑になるため、セキュリティ面でも安心感が高まります。

玄関子機の設置可能数という点に関して評価するとパナソニック VL-SZ50KF (2017)もパナソニック VL-SE50KFAも全くと言っていいほど違いはありません。他の観点から検討することを非常に提案します。玄関子機の設置可能数の情報を見てもほぼ役に立ちません。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SE50KFA
240/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
240/100

ライト機能

パナソニック VL-SZ50KF (2017)とパナソニック VL-SE50KFAは両方ともライト機能を搭載しているインターホンであるといえます。夜間や暗い場所でのセキュリティをより確保するために、これらのインターホンにはライト機能が欠かせません。そして、大手メーカーからも多くの商品が出ていることからも、需要の高さがうかがえます。

ライト機能を搭載しているインターホンは、夜間に来客があった際に非常に便利です。部屋の明かりを点けずに来客者の顔を確認できるため、プライバシーも保てます。また、照明が無い場所でも人や物の存在を察知することができ、安心できます。

広角レンズ対応

どちらも広角レンズに対応しているといえるでしょう。これらのインターホンは、広角レンズに対応しており、広い視界を提供します。家の玄関先やオフィスでのセキュリティに役立ちます。より安心な生活を送るために、広角レンズに対応したインターホンを選ぶことがおすすめです。

広角レンズに対応しているインターホンの特徴広角レンズに対応しているインターホンは、一般的なインターホンと比べ、もっと広範囲を視野に入れることができます。そのため、訪問者をより正確に確認することができます。さらに、防犯性にも優れています。門や玄関周辺が広がる写真を確認することで、犯罪予防に役立ちます。コンパクトなインターホンにも広角レンズに対応した機種があるため、幅広いニーズに対応できます。

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SZ50KF (2017)の親機本体サイズは横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mmとなっています。一方でパナソニック VL-SE50KFAは横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mmとなっています。親機本体サイズに関してはほぼ同水準であるということが分かり、差は殆ど存在しません。

親機本体サイズが小さいインターホンは、設置場所を選ばないため、汎用性が高く非常に便利です。また、小型のため、場所をとらずスッキリとしたデザインでインテリアにマッチするため、おしゃれな空間を演出することができます。さらに、コンパクトなデザインにもかかわらず、機能性が充実しており、多くの機能を持った製品もあります。

実際の利用を想定したときパナソニック VL-SE50KFAもパナソニック VL-SZ50KF (2017)もよく類似しています。判断する上で、親機本体サイズの情報はあまり意味がないと言えます。他の角度から決める方が良さそうといえるでしょう。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE50KFA
横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm50/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm50/100

親機重量

パナソニック VL-SE50KFAの親機重量は540gです。それに対してパナソニック VL-SZ50KF (2017)は540gです。親機重量という点においてパナソニック VL-SE50KFAとパナソニック VL-SZ50KF (2017)の違いはわずかしか存在しません。

親機重量が軽いインターホンには、使いやすいメリットがあります。まずは、設置が簡単にできるので、素早く運用を開始することができます。また、軽さにより、長時間使用しても負担が少なく、継続的な運用にも向いています。さらに、重量軽減による省エネ効果が期待できるため、コスト削減にもつながります。

体感的に考えるとパナソニック VL-SZ50KF (2017)もパナソニック VL-SE50KFAも感覚的に極めて類似していると感じとれるでしょう。商品を決めるうえで、親機重量の情報はまったくといえるほど意味がありません。

親機重量評価
パナソニック VL-SE50KFA
540g30/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
540g30/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SZ50KF (2017)の親機画面サイズは5インチというデータに対しパナソニック VL-SE50KFAは5インチというデータとなっています。パナソニック VL-SZ50KF (2017)とパナソニック VL-SE50KFAは親機画面サイズに関して相当よく似ていると言えるでしょう。

実際的な意味合いで考えるとパナソニック VL-SE50KFAもパナソニック VL-SZ50KF (2017)も感覚的にいって、非常に似ていると感じとれるでしょう。パナソニック VL-SE50KFAもパナソニック VL-SZ50KF (2017)も感覚的にいって、全くといっていいほどの差しか見られません。別の角度から評価することを非常に推奨します。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SE50KFA
5インチ68/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
5インチ68/100

録画可能件数

パナソニック VL-SE50KFAとパナソニック VL-SZ50KF (2017)を録画可能件数の観点について見てみると、パナソニック VL-SZ50KF (2017)は50というデータになっており、パナソニック VL-SE50KFAは50となります。録画可能件数という点においてパナソニック VL-SZ50KF (2017)とパナソニック VL-SE50KFAの差は殆どないデータとなっており、よく似ています。

録画可能件数が多いインターホンのメリットは、家族の安全を守るために必要不可欠な機能であるということです。24時間録画可能で、昼夜を問わず監視できるので、家庭内の安全確保に寄与します。

実用的にはパナソニック VL-SZ50KF (2017)もパナソニック VL-SE50KFAも全くといえるほど同程度に感じられると言えそうです。商品選択において、録画可能件数の情報はほとんど意味がありません。他の角度から採用した方が良いということが分かるでしょう。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SE50KFA
5050/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力の視点でパナソニック VL-SE50KFAとパナソニック VL-SZ50KF (2017)で比べると、パナソニック VL-SE50KFAは1.4Wとなっているのに対しパナソニック VL-SZ50KF (2017)は1.4Wというデータになっています。待受時の親機消費電力においてはどちらも全くといっていいほど同等にあると思います。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットとして、省スペース化によるインテリアの改善が挙げられます。親機がコンパクトであるため、スペースを取ることなくインテリアに調和しやすくなっています。また、小型であるがゆえに、設置や配線が簡単で、DIYでの設置も可能です。さらに、省スペース型の製品は携帯性・収納性の面でも優れているため、引越しや模様替えの際も大変便利です。

この比較情報で明白なように、パナソニック VL-SE50KFAもパナソニック VL-SZ50KF (2017)も全くといっていいほど同じレベルと言えるでしょう。パナソニック VL-SE50KFAもパナソニック VL-SZ50KF (2017)も差はまったく存在しません。商品選びにおいて、待受時の親機消費電力の情報はあまり役に立ちません。ほかの角度から考えたほうが良さそうといえます。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE50KFA
1.4W55/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
1.4W55/100

応答時の親機消費電力

パナソニック VL-SE50KFAの応答時の親機消費電力は8.5Wというデータです。それに対してパナソニック VL-SZ50KF (2017)の応答時の親機消費電力は8.5Wというデータです。応答時の親機消費電力を見ると、違いはまったく存在しないと言ってしまえるほどないデータであり、まったくといえるほど同水準にあるといえます。

実際的な観点から見ればパナソニック VL-SE50KFAもパナソニック VL-SZ50KF (2017)も体感的にいって極めて類似していると感じられるでしょう。応答時の親機消費電力の情報を考慮しても意思決定において参考になりません。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE50KFA
8.5W34/100
パナソニック VL-SZ50KF (2017)
8.5W34/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック VL-SE50KFA
パナソニック VL-SZ50KF (2017)

パナソニック VL-SE50KFA

パナソニック VL-SE50KFA と評価が同程度のインターホンを探す

パナソニック VL-SE50KFA
パナソニック VL-SZ50KF (2017)

パナソニック VL-SZ50KF (2017)

パナソニック VL-SZ50KF (2017) と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報