徹底レビュー: パナソニック VL-SW250K と パナソニック VS-SGE20L (2020)

2023-05-21 15:11:09

パナソニック VL-SW250Kパナソニック VS-SGE20L (2020)
パナソニック VL-SW250Kパナソニック VS-SGE20L (2020)
パナソニック VL-SW250Kパナソニック VS-SGE20L (2020)
パナソニック VL-SW250Kパナソニック VS-SGE20L (2020)
総合評価:

37.4/100

(総合順位: 243/325)

46.7/100

(総合順位: 161/325)

親機本体サイズ
16/100
95/100
親機重量
20/100
92/100
親機画面サイズ
79/100
33/100
子機本体サイズ
26/100
24/100
子機重量
50/100
23/100

スペック

パナソニック VL-SW250Kパナソニック VS-SGE20L (2020)
パナソニック VL-SW250Kパナソニック VS-SGE20L (2020)
基本情報
ワイヤレス対応 -
ハンズフリー対応
親機
親機本体サイズ横:190mm、縦:165mm、厚さ:38mm横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mm
親機重量735g150g
親機画面サイズ5.2インチ2.7インチ
録画可能件数 - 100
待受時の親機消費電力1.9W -
室内子機
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm
子機重量200g240g
室内モニターの設置可能数 - 1
玄関子機
玄関子機の設置可能数 - 1
ライト機能 -
便利機能
プレストーク応答機能 -

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SW250Kとパナソニック VS-SGE20L (2020)の親機本体サイズについて比べた場合、パナソニック VL-SW250Kは横:190mm、縦:165mm、厚さ:38mmであるのに対しパナソニック VS-SGE20L (2020)は横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mmというデータであると言うことができます。パナソニック VS-SGE20L (2020)とパナソニック VL-SW250Kの違いは比べ物にならないくらいというデータです。パナソニック VS-SGE20L (2020)と比べるとパナソニック VL-SW250Kの方が断然低い部類にあると言うことができます。小型の親機本体サイズが小さいインターホンは、持ち運びも楽で、移動先でも使えるので便利です。

インターホンの親機本体サイズが小さい場合、様々な利点があります。例えば、小さいサイズであれば設置場所を自由に選ぶことができます。また、古い建物や狭い部屋に設置する際にも問題ありません。更に、小さくスマートなデザインのため、お部屋の雰囲気を損なうことがありません。小さいサイズであることは、大きなメリットに繋がっているのです。

実用的な面から考えると、親機本体サイズについてパナソニック VL-SW250Kよりパナソニック VS-SGE20L (2020)は非常に高いレベルに感じられると思います。パナソニック VS-SGE20L (2020)は親機本体サイズを優先したい人の場合おすすめな選択といえるかもしれません。パナソニック VS-SGE20L (2020)は有力な候補となるでしょう。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SW250K
横:190mm、縦:165mm、厚さ:38mm16/100
パナソニック VS-SGE20L (2020)
横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mm95/100

親機重量

親機重量においてパナソニック VS-SGE20L (2020)とパナソニック VL-SW250Kで比べてみるとパナソニック VS-SGE20L (2020)は150gというデータになっている一方パナソニック VL-SW250Kは735gとなっています。この比較で明確なように、パナソニック VL-SW250Kの親機重量をパナソニック VS-SGE20L (2020)の親機重量は圧倒していると考えられます。はるかに大きな差が存在します。親機重量が軽いインターホンのメリットは、取り付けやすさです。また、扉の開閉を妨げず、スペースを取らない点も良いです。

親機重量が軽いインターホンの使いやすさ親機重量が軽いインターホンは、使いやすさにおいて優れています。軽量の親機は、頻繁に持ち運ぶ必要がある場合や、壁に設置する必要のある場合に便利です。また、キッチンやリビングなど、設置場所を自由に選べるため、生活スタイルに合わせた使い方ができます。

実用上の面で考えると親機重量についてパナソニック VL-SW250Kよりもパナソニック VS-SGE20L (2020)のほうが高い水準にあるといえます。したがって親機重量を優先するのであればパナソニック VL-SW250Kはあまり良くない選択でしょう。

親機重量評価
パナソニック VL-SW250K
735g20/100
パナソニック VS-SGE20L (2020)
150g92/100

親機画面サイズ

パナソニック VS-SGE20L (2020)とパナソニック VL-SW250Kを親機画面サイズについて見てみると、パナソニック VL-SW250Kは5.2インチというデータになっている一方パナソニック VS-SGE20L (2020)は2.7インチとなります。パナソニック VL-SW250Kとパナソニック VS-SGE20L (2020)の差は比べ物にならないくらい存在します。親機画面サイズについて見るとパナソニック VS-SGE20L (2020)はパナソニック VL-SW250Kよりも比べ物にならないくらい小さいということがわかります。

実用性を重視するなら親機画面サイズにおいてパナソニック VS-SGE20L (2020)のほうがパナソニック VL-SW250Kよりもかなりよくないと考えられそうです。パナソニック VS-SGE20L (2020)とパナソニック VL-SW250Kは感覚上、まったくと言えるほど全くの別物に感じとれると言えるでしょう。パナソニック VL-SW250Kは親機画面サイズを優先したい場合魅力的な選択といえそうです。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SW250K
5.2インチ79/100
パナソニック VS-SGE20L (2020)
2.7インチ33/100

基本情報

ハンズフリー対応

両方ともハンズフリーに対応しているということができます。ハンズフリーに対応していることで、これらのインターホンはより便利になりました。例えば、料理中や手を洗っている時でも、通話ができるので、家事と通話を同時にこなせます。

ハンズフリーに対応しているインターホンは、家庭内のコミュニケーションを取るだけでなく、出張先や外出先でのリモートでの確認や操作が可能なタイプもあります。これにより、家族やペットの安全確認や、急な来客時の対応もスムーズに行うことができます。また、高齢者や身体的に不自由な方にとっても、操作が容易であるため、生活の質を向上させることができます。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関してパナソニック VL-SW250Kとパナソニック VS-SGE20L (2020)で比べてみると、パナソニック VS-SGE20L (2020)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mmである一方、パナソニック VL-SW250Kは横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmというデータということができます。パナソニック VS-SGE20L (2020)とパナソニック VL-SW250Kは相当よく似ているといえます。

子機本体サイズが小さいインターホンの利点の一つは、設置に制限がないことです。マンションやアパートなど、狭いスペースに住んでいる方でも、設置場所に悩むことなく選択することができます。また、小型であるため、唯一のインターホンとしても十分な機能を持っています。

この比較情報で明白にわかるようにパナソニック VS-SGE20L (2020)もパナソニック VL-SW250Kも感覚的に言って、非常に類似していると感じられると言えるでしょう。判断する上で、子機本体サイズの情報はあまり意味がありません。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SW250K
横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm26/100
パナソニック VS-SGE20L (2020)
横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm24/100

子機重量

パナソニック VL-SW250Kの子機重量は200gというデータであるのに対してパナソニック VS-SGE20L (2020)の子機重量は240gというデータです。40gもの相当の違いがパナソニック VL-SW250Kとパナソニック VS-SGE20L (2020)に存在し、パナソニック VL-SW250Kのほうが比べ物にならないくらい子機重量は軽いことが分かるでしょう。

体感的な側面で見ると子機重量に関してパナソニック VL-SW250Kよりもパナソニック VS-SGE20L (2020)は肌で感じられるほど低い水準にあると感じとれると思います。このため、子機重量を重視したい人にとっては、パナソニック VL-SW250Kを選択した方がいいと言えそうです。そうでなくともパナソニック VS-SGE20L (2020)を採用するべきでない着目すべき理由の一つになります。

子機重量評価
パナソニック VL-SW250K
200g50/100
パナソニック VS-SGE20L (2020)
240g23/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。