パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL と パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL の解説まとめ。どちらがよいのかを検証

作成日時: 2020-12-02 16:18:04、更新日時: 2021-10-24 18:11:26

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLパナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLパナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」ならどっちが優れているのかについて検証してみました。それぞれどう違いがあるのかを評価・検証。どっちにすべきなのか悩んでいる方、今すぐチェックしてください。

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLパナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLパナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
総合評価:
親機のサイズrating-image3.4
横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
rating-image3.4
横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機の重量rating-image2.6
480g
rating-image2.6
480g
親機画面のサイズrating-image1.9
3.5インチ
rating-image1.9
3.5インチ
録画可能な数rating-image2.3
50
rating-image2.3
50
待ち受け時における親機の消費電力rating-image2.8
1.4W
rating-image3.2
1.2W
応答時における親機の消費電力rating-image2.6
7W
rating-image3.2
6W
子機のサイズrating-image2.7
横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm
rating-image2.7
横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm
子機の重量rating-image3.2
190g
rating-image3.2
190g
子機画面のサイズrating-image1
2.2インチ
rating-image1
2.2インチ
室内モニターの設置可能数rating-image4.6
7
rating-image2.1
2
玄関子機の設置可能数rating-image2.5
2
rating-image1
1

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは、ハンズフリー対応で、親機の重さは480gです。親機の画面サイズは3.5インチで、待受時の消費電力は1.4Wですが、応答時の消費電力は7Wとなっています。子機の重さは190gで、子機にはモニター機能があり、ディスプレイサイズは2.2インチです。室内通話機能やライト機能、火災報知機や電気錠連動機能、プレストーク応答機能、SDカード録画機能が備わっているため、便利です。例えば、火災報知機連動機能は、火災が発生した場合に親機から警告音を発し、子機で確認することができます。SDカード録画機能を利用することで、来訪者や監視する範囲を録画し、後から確認できるため、セキュリティ面においても信頼性が高いです。

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KLは、ハンズフリー対応で、親機の重さは480gです。親機の画面サイズは3.5インチで、待受時の消費電力は1.2Wですが、応答時の消費電力は6Wとなっています。子機の重さは190gで、子機にはモニター機能があり、ディスプレイサイズは2.2インチで、室内通話機能やライト機能、火災報知機連動機能、プレストーク応答機能が備わっているため、便利です。例えば、火災報知機連動機能は、火災が発生した場合に親機から警告音を発し、子機で確認することができます。

どちらのインターホンも同じく子機モニターがありますが、親機の待受時の消費電力と応答時の消費電力には差があります。パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLの応答時の消費電力が7Wに対し、パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KLの応答時の消費電力は6Wと、若干パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KLの方が省エネルギーです。しかし、パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLにはSDカード録画機能があるため、より高いセキュリティ性能が期待できます。

総合的に考えると、両者の機能・性能に大きな差はないものの、セキュリティ性能に優れたパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLがよりおすすめです。

icn
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL と比較して パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL を選ぶメリット
接続台数(室内)
92.7点(7) vs 42.5点(2)
接続台数(室外)
50点(2) vs 10点(1)
電気錠連動機能
SDカード録画機能
icn
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL と比較して パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL を選ぶメリット
待機時消費電力
55.5点(1.4W) vs 63.4点(1.2W)
定格消費電力
51.7点(7W) vs 64.1点(6W)

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を徹底比較する

室内子機について「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を比較

子機のサイズについて

子機のサイズが小さいインターホンは障害物などで、設置場所が限られる場所でも設置できる点で秀でています。例えばちょっとしたスペースに置けるのでインテリアの配置を変更することなく設置するといったケースに向いています。

子機のサイズを「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を比べると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mmで「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mmです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」も同じくらいと言えるでしょう。体感できるほどの差は無いです。別の角度から見ることをおすすめします。

子機のサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm54/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm54/100

子機の重量について

子機の重量が軽いインターホンは持ち運びが簡単にできる点で秀でています。特に簡単な金具を使用して設置するのに適しています。

子機の重量について比較すると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は190gに対して「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は190gです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」の重量は「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と同じくらいです。実用上の差はありません。ほかの角度で比べることをおすすめします。

子機の重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
190g64/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
190g64/100

子機モニター搭載可否について

子機がモニターが搭載されているインターホンはモニターのある場所に移動しなくても、電話の子機のようなモニター付きの子機を持ち歩けばどこにいても対応できる点で秀でています。特に離れた場所でモニター確認するのに適しています。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」も子機がモニターが搭載されているインターホンです。そのため親機から離れていても来訪者を確認できる点で使い勝手が良いです。どちらも2階やベランダなどどこにいても、相手の顔を確認しながら来客対応するのに適しています。

子機画面のサイズについて

子機画面のサイズが大きいインターホンは画面による人物確認で防犯対策ができる点で優れています。特に外の映像を細かく確認するのにおすすめです。

子機画面のサイズについて比較すると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は2.2インチに対して「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は2.2インチです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」も同程度と言えるでしょう。体感できるほどの違いはありません。ほかの観点から比べることをおすすめします。

子機画面のサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
2.2インチ12/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
2.2インチ12/100

室内モニターの設置可能数について

室内モニターの設置可能数が多いインターホンはどのモニターからでも見られるため、来客をより早く確認できる点で優れています。例えば各部屋で来訪者を確認するような場合に最適です。

室内モニターの設置可能数について比べると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は2で「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は7です。5もの差があります。室内モニターの設置可能数という角度で見ると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」と比べて「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は非常に多いです。来客時にどこの部屋にいてもすぐに対応できる点で「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」の方が秀でているでしょう。家族がそれぞれ各部屋で来訪者を確認するのに「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」はかなり向いています。実際に使う場面において「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」の体感上の違いは非常に大きいです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」にするための一つの重要な判断材料となります。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
792/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
242/100

室内通話機能について

モニター親機と子機で室内通話ができるインターホンは別の部屋にいる人にスムーズに連絡できる点で秀でています。特に家の中で家族が連絡するのに向いています。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」もモニター親機と子機で室内通話ができるインターホンです。そのため来訪者の共有認識や、呼び出しが容易にできる点で使い勝手が良いです。どちらも携帯電話等での面倒なやり取りは不要で、簡単に家族と家の中で通信するのにオススメです。

便利機能について「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を比較

火災報知機連動機能について

火災報知機連動機能がついているインターホンは親機から子機へ警報を発することができ、近所へ異常を通知できる点で秀でています。例えば外出していてもスマホと連動させて火災を察知するようなケースで役に立ちます。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」も火災報知機連動機能がついているインターホンです。そのため火災情報を管理室などに通知できる点で優れています。どちらも万が一火災が発生した際、宅外にも火災を通知するのにオススメです。

プレストーク応答機能について

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンはプライバシーの保護が簡単にできる点で使い勝手が良いです。特に応答ボタンを押しながら対応するので音声応答が機能しない時に会話するのにおススメです。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」もプレストーク応答機能を搭載しているインターホンです。そのため親機の通話ボタンを押しながら話すことで相手に室内の声を流すことができ、音声を聞き取りやすくできる点で秀でています。どちらも訪問者側に騒音があっても通話するのにオススメです。

玄関子機について「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を比較

玄関子機の設置可能数について

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは色々な部屋に設置できる点で優れています。特に様々な所から確認できるので防犯をするのに最適です。

玄関子機の設置可能数について比較すると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は2で「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は1です。1もの差があります。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」に比べて非常に台数が多いです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は屋内のたくさんの部屋から応答できる点で「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」よりも優れていると言えます。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は家の中の様々な場所で応対するのに非常におすすめです。実際の利用において「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」の実用上の差は遥かに大きいです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」に決める上で一つの重要な決め手となります。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
250/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
110/100

ライト機能について

ライトがつけられるインターホンは暗い夜でも来訪者を照らして確認できる点で秀でています。例えば来訪者をはっきり視認するような場合に向いています。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」もライトがつけられるインターホンです。そのためインターホン周辺が暗くてもはっきりと来客の姿を確認できる点で使い勝手が良いです。どちらも暗闇で来訪者を確認するのに適しています。

親機について「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を比較

親機のサイズについて

親機のサイズが小さいインターホンはインテリアの雰囲気を壊す事なく設置できる点で秀でています。特に部屋のイメージを損なうことなく設置するのに最適です。

親機のサイズを比較すると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmであり「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」のサイズは「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と差はほぼありません。実用上の違いはありません。ほかの角度を見て比較した方がよいでしょう。

親機のサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm67/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm67/100

親機の重量について

親機の重量が軽いインターホンは取り付けの時に力が必要無いので女性でも楽に設置できる点で使い勝手が良いです。特に力を使わなくても容易に設置するといったような場合におススメです。

親機の重量について比べると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は480gで「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は480gです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」もほとんど同じくらいの重量です。感覚的にわかるほどの差はありません。ほかの視点から比較した方が良いでしょう。

親機の重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
480g51/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
480g51/100

親機画面のサイズについて

親機画面のサイズが大きいインターホンは訪問者の顔をはっきりと視認できる点で使い勝手が良いです。特に訪問者の確認を正確にするといった場合で役に立ちます。

親機画面のサイズについて「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」を比較すると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は3.5インチに対して「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は3.5インチです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」の画面は「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と同じくらいです。体感上の差はありません。別の角度から比較することをおすすめします。

親機画面のサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
3.5インチ38/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
3.5インチ38/100

録画可能な数について

録画可能な数が多いインターホンはより多くの来訪者の映像を残すことができる点で優れています。例えば防犯面で安心したい方が使用するのに適しています。

録画可能な数について「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」を比べると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は50に対して「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は50です。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」の件数は「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と違いがほとんど無いです。体感できるほどの違いは無いです。別の観点で見ることをおすすめします。

録画可能な数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
5045/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
5045/100

待ち受け時における親機の消費電力について

待ち受け時における親機の消費電力が小さいインターホンは月々の電気料金を節約できる点で優れています。例えば長期運用における電気代の節約をするといったような場合で役に立ちます。

待ち受け時における親機の消費電力を「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を比較すると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は1.4Wで「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は1.2Wです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」より「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」の方が多少消費電力が小さいです。親機を起動させながらも一般的なインターホンよりも少ない電力で利用できる点で「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」の方が「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」よりもわずかに良いといえなくもありません。しかしながら待機中の電気代を節約する場合でもよっぽど気になる人でないと体感できるほどの違いを感じられないだと思われます。あえて選ぶなら「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」より「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を選ぶべきですが通常の利用において体感差はほぼ感じません。

待ち受け時における親機の消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
1.4W55/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
1.2W63/100

応答時における親機の消費電力について

応答時における親機の消費電力が小さいインターホンは電気代を節約し運用できる点で使い勝手が良いです。例えば省エネルギーを推進するのにおすすめです。

応答時における親機の消費電力について比べると「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」は7Wであり「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は6Wです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」の消費電力と比べて「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」はどちらかといえば小さいです。「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」は電気代を節約しながら長時間の通話ができる点で「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」よりもわずかに良いといえなくもないでしょう。しかしながら来訪者が多い家庭が節電する場合でも実感上の差はほとんど無いでしょう。強いて言えば「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」より「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を選ぶ方がいいですが普通に使っている分において体感差はほぼ感じないでしょう。

応答時における親機の消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
7W51/100
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
6W64/100

基本情報について「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」を比較

ハンズフリー対応について

ハンズフリーに対応しているインターホンは手で受話器を持たなくても話ができる点で使い勝手が良いです。例えば手の不自由な方が使用したり、手が離せない時に使用するといったような場合で役立ちます。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」も「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」もハンズフリーに対応しているインターホンです。そのため手を使わなくて通話可能なので、ながら対応できる点で秀でています。どちらも家事の最中や子供の世話の途中に手を使わずに応答したい人が使用するのに向いています。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL」と「パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL」の違いを表で比較する

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLパナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLパナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL
基本情報
ハンズフリーに対応しているかどうか
親機
親機のサイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機の重量480g480g
親機画面のサイズ3.5インチ3.5インチ
録画可能な数5050
待ち受け時における親機の消費電力1.4W1.2W
応答時における親機の消費電力7W6W
室内子機
子機のサイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm
子機の重量190g190g
子機がモニターが搭載されているかどうか
子機画面のサイズ2.2インチ2.2インチ
室内モニターの設置可能数72
モニター親機と子機で室内通話ができるかどうか
玄関子機
玄関子機の設置可能数21
ライトがつけられるかどうか
便利機能
火災報知機連動機能がついているかどうか
電気錠に連動しているかどうか -
プレストーク応答機能を搭載しているかどうか
SDカード録画機能を搭載しているかどうか -

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較する

価格をチェック

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL の関連記事
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL の関連記事
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL

総合評価: 55.2/100

(総合: 68位)

詳細を見る

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL と評価が同程度のインターホンを探す

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL の関連記事
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL の関連記事
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL

総合評価: 50.7/100

(総合: 104位)

詳細を見る

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE210KL と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報