ジャックスカード と エポスカード のスペックを評価を解説

作成日時: 2019-11-12 16:29:03、更新日時: 2021-10-20 20:18:11

ジャックスカードエポスカード
ジャックスカードエポスカード

「ジャックスカード」と「エポスカード」選ぶならどちらがおすすめなのでしょうか。それぞれの違いや差を比較検証。どちらを選ぶべきなのか検討しているならおススメします。

ジャックスカードエポスカード
ジャックスカードエポスカード
総合評価:
リボ払いの最低金利rating-image5.0
1.25%
rating-image1.5
15%
申し込みできる最低年齢rating-image3.4
18歳
rating-image3.4
18歳
通常ポイント還元率rating-image1.5
0.5%
rating-image1.5
0.5%
条件付き最大ポイント還元率rating-image1.4
0.75%
rating-image1
0.5%
ポイント有効期限rating-image2.5
24か月
rating-image2.5
24か月
海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額rating-image2.2
2000万円
rating-image1
500万円
海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額rating-image2.6
200万円
rating-image2.6
200万円
海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額rating-image2.6
200万円
rating-image3.8
270万円
海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額rating-image1
20万円
rating-image1
20万円
海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額rating-image1.5
2000万円
rating-image1.5
2000万円
海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額rating-image2.5
200万円
rating-image1
100万円

ジャックスカードは、ラブリィポイントに対応しており、VISA、MasterCard、JCBにも対応しています。年会費は1375円で、リボ払いの最低金利は1.25%です。申し込みできる最低年齢は18歳です。通常ポイント還元率は0.5%で、条件付き最大ポイント還元率は0.75%です。ポイント有効期限は24か月で、ANAマイルとJALマイルにも対応しています。不正利用時の補償対応もあり、ETCカードも永年無料で利用できます。家族カード年会費は440円で、海外旅行の死亡・後遺障害保険、海外旅行の傷害治療保険、海外旅行の疾病治療保険、海外旅行の携行品損害保険、海外旅行の賠償責任保険、海外旅行の救援者費用保険など自動付帯の保険にも対応しています。海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額は2000万円、傷害治療における最高補償額は200万円、疾病治療における最高補償額は200万円、携行品損害における最高補償額は20万円、賠償責任における最高補償額は2000万円、救援者費用における最高補償額は200万円です。また、国内旅行保険においても、死亡後遺障害における最高補償額は1000万円、入院における一日あたりの最高補償額は5000円、通院における一日あたりの最高補償額は3000円、手術における最高補償額は20万円です。

エポスカードは、エポスポイントに対応しており、VISAにも対応しています。年会費は永年無料で、リボ払いの最低金利は15%、上限金利も15%です。申し込みできる最低年齢は18歳で、推定発行日数は1週間です。学生対応やWeb、郵送、店頭申込にも対応しており、即日発行も可能です。通常ポイント還元率は0.5%で、条件付き最大ポイント還元率も0.5%です。ポイント有効期限は24か月で、電子マネーチャージ時のポイント加算も対応しています。また、ANAマイルとJALマイルにも対応しており、ETCカードも永年無料で利用できます。海外旅行の死亡・後遺障害保険、海外旅行の傷害治療保険、海外旅行の疾病治療保険、海外旅行の携行品損害保険、海外旅行の賠償責任保険、海外旅行の救援者費用保険など自動付帯の保険にも対応しています。海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額は500万円、傷害治療における最高補償額は200万円、疾病治療における最高補償額は270万円、携行品損害における最高補償額は20万円、賠償責任における最高補償額は2000万円、救援者費用における最高補償額は100万円です。国内旅行保険に特別な対応は見られません。

このように、ジャックスカードはポイント還元率や自動付帯の保険面において優れていますが、年会費が発生する点に注意が必要です。また、国内旅行保険にも対応しており、海外旅行保険の補償額も多岐に渡るため、海外旅行を経験する方にオススメできます。一方で、エポスカードは年会費が無料であり、即日発行も可能な点が魅力的ですが、ポイント還元率が0.5%に留まるため、ポイント還元を重視する方にはオススメできません。ただし、海外旅行保険の補償額は一部項目でジャックスカードより大きいため、海外旅行はよくするがポイント還元率を重視しない方にはオススメできます。

総合的に考えると、ジャックスカードが優れていると言えます。特にポイント還元率や自動付帯の保険面に優れ、海外旅行保険の補償額も高めです。年会費が発生する点には留意しなければならないものの、ポイント還元率などのメリットが年会費を上回ることが見込めます。

icn
エポスカード と比較して ジャックスカード を選ぶメリット
リボ払いの最低金利
99.5点(1.25%) vs 30点(15%)
最大ポイント還元率
27.8点(0.75%) vs 9.7点(0.5%)
死亡・後遺障害の補償額(海外旅行)
44.5点(2000万円) vs 7.9点(500万円)
MasterCard対応
JCB対応
不正利用時の補償対応
icn
ジャックスカード と比較して エポスカード を選ぶメリット
疾病治療の補償額(海外旅行)
52.8点(200万円) vs 75.9点(270万円)
年会費永年無料
学生対応
Web申込対応
郵送申込対応
店頭申込対応
即日発行
電子マネーチャージ時のポイント加算

「ジャックスカード」と「エポスカード」を徹底比較する

手数料について「ジャックスカード」と「エポスカード」を比較

リボ払いの最低金利について

リボ払いの最低金利について比べるとエポスカードは15%なのに対してジャックスカードは1.25%です。13.75%の違いがあります。エポスカードと比べジャックスカードはリボ払いの最低金利がかなり安いです。リボ払いの最低金利の安さランキングで比べると全1189製品中ジャックスカードは3位であるのに対しエポスカードは1060位で、クレジットカードの中ではケタ違いな差があると言えそうです。

実際の利用においてのリボ払いの最低金利を見るとジャックスカードとエポスカードの実用上の違いはとても大きいです。従ってエポスカードと比較してジャックスカードにする一つの決め手になると思います。

リボ払いの最低金利評価
ジャックスカード
1.25%99/100
エポスカード
15%30/100

オプションサービスについて「ジャックスカード」と「エポスカード」を比較

ETCカードの永年無料での利用について

ジャックスカードもエポスカードもETCカードが永年無料で使えるクレジットカードです。

基本情報について「ジャックスカード」と「エポスカード」を比較

VISA対応について

VISAに対応しているクレジットカードは国内外問わず多くの店舗で利用できる点で秀でています。例えば海外旅行で日常的な買い物をするのに向いています。

エポスカードもジャックスカードもVISAに対応しているクレジットカードです。そのため世界的に加盟店が多く、200カ国以上で使用できる点で使い勝手が良いです。どちらも海外でも利用可能店舗が多いので海外旅行によく行く人が作成するのにオススメです。

海外旅行保険について「ジャックスカード」と「エポスカード」を比較

海外旅行における自動付帯型の死亡・後遺障害保険について

エポスカードもジャックスカードも海外旅行で自動付帯の死亡・後遺障害保険が付いているクレジットカードです。

海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額について

海外旅行保険の死亡・後遺障害における最高補償額をジャックスカードとエポスカードで比較するとジャックスカードは2000万円なのに対してエポスカードは500万円です。1500万円もの差があります。海外旅行保険の死亡・後遺障害における最高補償額について言うとエポスカードと比べジャックスカードはかなり高いです。海外旅行保険の死亡・後遺障害における最高補償額の高さランキングで比べると全1365製品中ジャックスカードは686位であるのに対しエポスカードは1347位で、クレジットカードの中ではケタ違いな差があると言えそうです。

実際に使うことを想定したとき、海外旅行保険の死亡・後遺障害における最高補償額を見るとジャックスカードとエポスカードの差は非常に大きいです。そのため海外旅行保険の死亡・後遺障害における最高補償額で選ぶならエポスカードよりジャックスカードがおすすめです。

海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額評価
ジャックスカード
2000万円44/100
エポスカード
500万円7/100

海外旅行における自動付帯型の傷害治療保険について

エポスカードもジャックスカードも海外旅行で自動付帯の傷害治療保険が付いているクレジットカードです。

海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額について

海外旅行保険の傷害治療における最高補償額を比べるとジャックスカードは200万円でエポスカードは200万円です。エポスカードもジャックスカードも海外旅行保険の傷害治療における最高補償額はほとんど同じと言えるでしょう。海外旅行保険の傷害治療における最高補償額の高さランキングで比べると1295製品の中でジャックスカードは487位でエポスカードは779位なのでクレジットカードの中では差はかなり大きいと言えます。

実用上の違いはありません。ほかの観点を見て選んだ方がよさそうです。

海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額評価
ジャックスカード
200万円52/100
エポスカード
200万円52/100

海外旅行における自動付帯型の疾病治療保険について

ジャックスカードもエポスカードも海外旅行で自動付帯の疾病治療保険が付いているクレジットカードです。

海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額について

海外旅行保険の疾病治療における最高補償額について比較するとジャックスカードは200万円であるのに対してエポスカードは270万円です。70万円もの差があります。海外旅行保険の疾病治療における最高補償額についてはエポスカードの方がジャックスカードよりもかなり高いです。海外旅行保険の疾病治療における最高補償額の高さランキングで見てみると1296製品中ジャックスカードは587位でエポスカードは486位です。ほとんど差は無いと言えます。

実際の利用を考えるとエポスカードとジャックスカードの海外旅行保険の疾病治療における最高補償額の違いは非常に大きいです。そのため海外旅行保険の疾病治療における最高補償額で選ぶならジャックスカードよりエポスカードがおすすめです。

海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額評価
ジャックスカード
200万円52/100
エポスカード
270万円75/100

海外旅行における自動付帯型の携行品損害保険について

ジャックスカードもエポスカードも海外旅行で自動付帯の携行品損害保険が付いているクレジットカードです。

海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額について

海外旅行保険の携行品損害における最高補償額を比較するとジャックスカードは20万円でエポスカードは20万円です。エポスカードもジャックスカードも海外旅行保険の携行品損害における最高補償額は同じくらいだと言えます。海外旅行保険の携行品損害における最高補償額の高さランキングで比べると全1258製品中ジャックスカードは608位であるのに対しエポスカードは1004位で、クレジットカードの中ではケタ違いな差があると言えそうです。

体感上の違いはありません。ほかの視点で比較した方が良さそうです。

海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額評価
ジャックスカード
20万円8/100
エポスカード
20万円8/100

海外旅行における自動付帯型の賠償責任保険について

ジャックスカードもエポスカードも海外旅行で自動付帯の賠償責任保険が付いているクレジットカードです。

海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額について

海外旅行保険の賠償責任における最高補償額についてジャックスカードとエポスカードを比べるとジャックスカードは2000万円でエポスカードは2000万円です。ジャックスカードもエポスカードも海外旅行保険の賠償責任における最高補償額はほぼ同じです。海外旅行保険の賠償責任における最高補償額の高さランキングで比べると全1263製品中ジャックスカードは586位であるのに対しエポスカードは1128位で、クレジットカードの中ではケタ違いな差があると言えそうです。

体感できるほどの違いは無いです。ほかの観点で比べたほうが良いでしょう。

海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額評価
ジャックスカード
2000万円30/100
エポスカード
2000万円30/100

海外旅行における自動付帯型の救援者費用保険について

ジャックスカードもエポスカードも海外旅行で自動付帯の救援者費用保険が付いているクレジットカードです。

海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額について

海外旅行保険の救援者費用における最高補償額についてエポスカードとジャックスカードを比べるとエポスカードは100万円であるのに対してジャックスカードは200万円です。100万円もの違いがあります。ジャックスカードはエポスカードに比べて海外旅行保険の救援者費用における最高補償額がとても高いです。

実際の利用を考えるとジャックスカードの海外旅行保険の救援者費用における最高補償額はエポスカードよりも非常に秀でています。そのため海外旅行保険の救援者費用における最高補償額で選ぶならエポスカードよりジャックスカードがおススメです。

海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額評価
ジャックスカード
200万円50/100
エポスカード
100万円10/100

ポイント還元について「ジャックスカード」と「エポスカード」を比較

通常ポイント還元率について

例えばポイントを貯めている人が使用するような場合におすすめです。

通常利用時のポイント還元率についてジャックスカードとエポスカードを比較するとジャックスカードは0.5%でエポスカードは0.5%です。ジャックスカードもエポスカードも通常利用時のポイント還元率は同じくらいです。通常利用時におけるポイント還元率の高さランキングで比べると2007製品の中でジャックスカードは883位でエポスカードは1456位なのでクレジットカードの中では差はかなり大きいと言えます。

実用上の差はありません。他の観点から比べる方がよさそうです。

通常ポイント還元率評価
ジャックスカード
0.5%30/100
エポスカード
0.5%30/100

条件付き最大ポイント還元率について

特定の店舗での利用や条件達成で獲得できる最大ポイント還元率についてエポスカードとジャックスカードを比較するとエポスカードは0.5%であるのに対してジャックスカードは0.75%です。0.25%もの差があります。エポスカードと比べてジャックスカードは特定の店舗での利用や条件達成で獲得できる最大ポイント還元率がとても高いです。特定の店舗での利用や条件達成で獲得できる最大ポイント還元率の高さランキングで比較すると全2006製品のなかでジャックスカードは1498位でエポスカードは1887位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

実際の利用において特定の店舗での利用や条件達成で獲得できる最大ポイント還元率を考えるとジャックスカードとエポスカードの実用上の違いはかなり大きいです。そのためエポスカードと比較したときジャックスカードを選ぶ一つの決め手になります。

条件付き最大ポイント還元率評価
ジャックスカード
0.75%27/100
エポスカード
0.5%9/100

ポイント有効期限について

例えばポイントを長く保持するといったようなときで役に立ちます。

ポイントの有効期限をジャックスカードとエポスカードで比較するとジャックスカードは24か月でエポスカードは24か月です。ジャックスカードもエポスカードもポイントの有効期限は同じくらいです。ポイントの有効期限の長さランキングで比べると全1746製品中ジャックスカードは764位であるのに対しエポスカードは1375位で、クレジットカードの中ではケタ違いな差があると言えそうです。

体感できるほどの差はありません。他の視点で比較する方がよいでしょう。

ポイント有効期限評価
ジャックスカード
24か月50/100
エポスカード
24か月50/100

入会について「ジャックスカード」と「エポスカード」を比較

申し込みできる最低年齢について

特に海外旅行先でクレジットカードを利用したい学生が申し込みするといったようなときにおすすめです。

申し込みできる最低年齢について比較するとエポスカードは18歳でジャックスカードは18歳です。ジャックスカードもエポスカードも申し込みできる最低年齢についてはほぼ同じだと言えます。申し込みできる最低年齢の低さランキングで比べると全1917製品中ジャックスカードは539位であるのに対しエポスカードは1244位で、クレジットカードの中ではケタ違いな差があると言えそうです。

体感上の差は無いです。別の視点で比較する方が良さそうです。

申し込みできる最低年齢評価
ジャックスカード
18歳67/100
エポスカード
18歳67/100

マイレージについて「ジャックスカード」と「エポスカード」を比較

ANAマイルについて

エポスカードもジャックスカードもANAマイルに交換できるクレジットカードです。

JALマイルについて

ジャックスカードもエポスカードもJALマイルに交換できるクレジットカードです。

「ジャックスカード」と「エポスカード」の違いを表で比較する

ジャックスカードエポスカード
画像ジャックスカードエポスカード
対応ポイントラブリィポイントエポスポイント
VISA対応
MasterCard対応 -
JCB対応 -
年会費1375円 -
年会費永年無料 -
リボ払いの最低金利1.25%15%
リボ払いの上限金利 - 15%
申し込みできる最低年齢18歳18歳
推定発行日数 - 1週間
学生対応 -
Web申込対応 -
郵送申込対応 -
店頭申込対応 -
即日発行 -
通常ポイント還元率0.5%0.5%
条件付き最大ポイント還元率0.75%0.5%
ポイント有効期限24か月24か月
電子マネーチャージ時のポイント加算 -
ANAマイル
JALマイル
不正利用時の補償対応 -
ETCカード永年無料
家族カード年会費440円 -
海外旅行の死亡・後遺障害保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額2000万円500万円
海外旅行の傷害治療保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額200万円200万円
海外旅行の疾病治療保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額200万円270万円
海外旅行の携行品損害保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額20万円20万円
海外旅行の賠償責任保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額2000万円2000万円
海外旅行の救援者費用保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額200万円100万円
国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額1000万円 -
国内旅行保険適応時の入院における一日あたりの最高補償額5000円 -
国内旅行保険適応時の通院における一日あたりの最高補償額3000円 -
国内旅行保険適応時の手術における最高補償額20万円 -

類似のクレジットカードを探す

他のクレジットカードと比較する

価格をチェック

類似のクレジットカードを探す

他のクレジットカードと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

クレジットカードランキング

カテゴリ一覧