徹底レビュー: クレディセゾン JAFセゾンカード と オリエントコーポレーション オリコカード

2023-05-21 14:09:49

クレディセゾン JAFセゾンカードオリエントコーポレーション オリコカード
クレディセゾン JAFセゾンカードオリエントコーポレーション オリコカード
クレディセゾン JAFセゾンカードオリエントコーポレーション オリコカード
クレディセゾン JAFセゾンカードオリエントコーポレーション オリコカード
総合評価:

58.2/100

(総合順位: 269/2214)

44.8/100

(総合順位: 764/2214)

年会費
95/100
74/100
申し込みできる最低年齢
90/100
90/100
通常ポイント還元率
58/100
18/100
条件付き最大ポイント還元率
34/100
18/100
海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額
56/100
33/100
海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額
56/100
45/100
海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額
60/100
40/100
海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額
56/100
33/100
海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額
50/100
24/100
海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額
45/100
45/100
国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額
45/100
10/100

スペック

クレディセゾン JAFセゾンカードオリエントコーポレーション オリコカード
クレディセゾン JAFセゾンカードオリエントコーポレーション オリコカード
基本情報
対応ポイントセゾン永久不滅ポイント暮らスマイル
VISA対応
MasterCard対応
JCB対応
アメリカン・エキスプレ対応 -
手数料
年会費0円1375円
年会費永年無料 -
年会費初年度無料 -
条件つき年会費無料 -
リボ払いの最低金利9.6% -
リボ払いの上限金利14.52% -
入会
申し込みできる最低年齢18歳18歳
推定発行日数4週間 -
学生対応
郵送申込対応 -
ポイント還元
通常ポイント還元率0.5%0.25%
条件付き最大ポイント還元率1%0.5%
無期限ポイント -
ポイント有効期限 - 24か月
利用上限
ショッピングの利用限度枠設定の最低金額 - 10万円
ショッピングの利用限度枠設定の最高金額 - 300万円
キャッシングの利用限度枠設定の最低金額1万円 -
キャッシングの利用限度枠設定の最高金額300万円 -
電子マネー
電子マネーチャージ時のポイント加算
マイレージ
ANAマイル
JALマイル
安心・安全
不正利用時の補償対応
オプションサービス
ETCカード永年無料
家族カード永年無料 -
海外旅行保険
海外旅行の死亡・後遺障害保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額3000万円2000万円
海外旅行の傷害治療保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額300万円200万円
海外旅行の疾病治療保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額300万円200万円
海外旅行の携行品損害保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額30万円20万円
海外旅行の賠償責任保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額3000万円2000万円
海外旅行の救援者費用保険(自動付帯)
海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額200万円200万円
国内旅行保険
国内旅行の死亡後遺障害保険(自動付帯) -
国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額3000万円1000万円
国内旅行保険適応時の入院における一日あたりの最高補償額5000円 -
国内旅行保険適応時の通院における一日あたりの最高補償額3000円 -
ショッピング保険
海外ショッピング保険適応時の最高補償額100万円 -
国内ショッピング保険適応時の最高補償額100万円 -

類似のクレジットカードを探す

他のクレジットカードと比較

価格を見る

類似のクレジットカードを探す

他のクレジットカードと比較

価格を見る

比較レビュー

入会

申し込みできる最低年齢

オリエントコーポレーション オリコカードの申し込みできる最低年齢は18歳に対して、クレディセゾン JAFセゾンカードは18歳となっています。申し込みできる最低年齢については全くといっていいほど同程度ということが可能で、よく類似していると思われます。

この比較から明白なように、クレディセゾン JAFセゾンカードもオリエントコーポレーション オリコカードも体感的にいって非常によく類似していると言うことができるでしょう。判断を下す際に、申し込みできる最低年齢の情報は全くと言っていいほど参考になりません。

申し込みできる最低年齢評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
18歳90/100
オリエントコーポレーション オリコカード
18歳90/100

学生対応

クレディセゾン JAFセゾンカードもオリエントコーポレーション オリコカードも学生が入会できると言うことができるでしょう。これらのクレジットカードは学生が入会できるものもあります。学生限定の特典やポイント還元があるものもあるので、学生の方にとってはおすすめです。ただし、利用限度額には注意が必要です。

学生が入会できるクレジットカードのメリットは、クレジットカードを使うことでクレジットヒストリーを作ることができることです。これは、将来的にクレジットを必要とする場合に役立ちます。また、定期的にクレジットカードを使用することで、クレジットスコアを上げることができます。これは、将来的にローンを組む場合に有利になります。

海外旅行保険

海外旅行の死亡・後遺障害保険(自動付帯)

どちらも海外旅行で自動付帯の死亡・後遺障害保険が付いているということができます。海外旅行では、急な出来事が起きることもあります。その際に備えて、これらのクレジットカードには、海外旅行で自動付帯の死亡・後遺障害保険が付いています。この保険があれば、不測の事態にも対応することができます。安心して海外旅行を楽しむためにも、このようなクレジットカードを利用することをおすすめします。

海外旅行で自動付帯の死亡・後遺障害保険が付いているクレジットカードには、多くのメリットがあります。まず、この保険に加入するためには、別途保険料を支払う必要はありません。また、事前に手続きをすることなく、海外旅行中に保険の補償が受けられるため、非常に便利です。

海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額

クレディセゾン JAFセゾンカードとオリエントコーポレーション オリコカードの海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額に関して比べるとオリエントコーポレーション オリコカードは2000万円であり、クレディセゾン JAFセゾンカードは3000万円というデータといえます。オリエントコーポレーション オリコカードのほうが海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額は比較的低いと言えます。オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードの違いは1000万円となっています。

この比較情報から明白にわかるように海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額についてオリエントコーポレーション オリコカードのほうがクレディセゾン JAFセゾンカードよりも感覚上、ある程度微妙な水準に感じとれるでしょう。したがって海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額を重視する人にとってはクレディセゾン JAFセゾンカードは選択肢にあがると考えられそうです。

海外旅行保険適応時の死亡・後遺障害における最高補償額評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
3000万円56/100
オリエントコーポレーション オリコカード
2000万円33/100

海外旅行の傷害治療保険(自動付帯)

両方とも海外旅行で自動付帯の傷害治療保険が付いていると言えます。海外旅行に出かけると、怪我や病気などのトラブルが起こるかもしれません。これらのクレジットカードには、そのようなトラブルに備えて、自動付帯の傷害治療保険が付いているのです。この保険があることで、旅行中も安心して楽しむことができます。

海外旅行で自動付帯の傷害治療保険が付いているクレジットカードを利用することで、怪我や事故に見舞われた場合にも安心して旅行を楽しむことができます。また、治療費がかからないため、旅費が思いがけずかさんでも安心です。

海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額

クレディセゾン JAFセゾンカードの海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額は300万円であるのに対しオリエントコーポレーション オリコカードは200万円となります。オリエントコーポレーション オリコカードの方が極端に海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額が低いと言えます。オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードの違いは100万円ということがわかります。

実際の使用を想定すると、海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額に関してクレディセゾン JAFセゾンカードに比べてオリエントコーポレーション オリコカードは極端に低い部類にあります。そのためオリエントコーポレーション オリコカードが選択肢にあらない一つの理由となります。海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額は不可欠な要素の1つになるでしょう。

海外旅行保険適応時の傷害治療における最高補償額評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
300万円56/100
オリエントコーポレーション オリコカード
200万円45/100

海外旅行の疾病治療保険(自動付帯)

オリエントコーポレーション オリコカードもクレディセゾン JAFセゾンカードも海外旅行で自動付帯の疾病治療保険が付いているといえます。海外旅行に出かける際、万一の事態に備えて旅行保険に加入することが大切ですが、当社が提供するこれらのクレジットカードでは、海外旅行保険の自動付帯があるため、重い荷物や現金を持ち歩く必要がなくなります。安全かつスマートな旅を楽しむことができます。

海外旅行に行く際の不安要素の一つとして、急な疾病やケガに巻き込まれた場合の医療費用が挙げられますが、海外旅行で自動付帯の疾病治療保険が付いているクレジットカードを利用することで、その心配を軽減することができます。自分で保険に加入する手間も不要で、カードを手元に持っているだけで万が一の場合に備えられるのは大変便利です。また、多くのクレジットカードは、海外旅行者向けの各種サポートが備わっているため、より快適で安心な旅行を楽しむことができます。

海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額

オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードを海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額において対比するとオリエントコーポレーション オリコカードは200万円に対し、クレディセゾン JAFセゾンカードは300万円となります。オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードの違いは割と際立って開いていると言うことができるでしょう。この比較情報を考えると、クレディセゾン JAFセゾンカードの方がオリエントコーポレーション オリコカードをまあまあ上回っています。

実際の使用においてはクレディセゾン JAFセゾンカードに比べてオリエントコーポレーション オリコカードの海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額の方が良くないと感じられるでしょう。海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額に配慮するのであればオリエントコーポレーション オリコカードを選択するべきでないということができるかもしれません。

海外旅行保険適応時の疾病治療における最高補償額評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
300万円60/100
オリエントコーポレーション オリコカード
200万円40/100

海外旅行の携行品損害保険(自動付帯)

オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードは、海外旅行で自動付帯の携行品損害保険が付いているといえるでしょう。これらのクレジットカードには海外旅行で自動付帯の携行品損害保険がついています。旅行中に貴重品を紛失した場合でも、保険に加入していれば安心です。

海外旅行で自動付帯の携行品損害保険が付いているクレジットカードの大きなメリットは、万が一荷物が紛失されたり盗難にあった場合でも、保険により一定額が補償されることです。 旅行中は不安要素が多いですが、この保険があることで、少し安心して旅行を楽しむことができます。

海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額

クレディセゾン JAFセゾンカードの海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額は30万円となっています。またオリエントコーポレーション オリコカードは20万円となっています。オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードは特別な違いが見られます。海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額についてはオリエントコーポレーション オリコカードよりクレディセゾン JAFセゾンカードは相当高いということができます。海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額が高いクレジットカードのメリットは、万が一の際に備え、より安心して旅行を楽しむことができる点です。

旅行先での携行品のトラブルは、怖いものです。これまでの財産や記憶が一瞬にして奪われてしまうかもしれません。しかし、海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額が高いクレジットカードを利用することで、最悪の事態に備えることができます。補償額が高いクレジットカードを選ぶことで、心配を減らすことができるので、旅行をより楽しめます。

海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額の視点について実際に使うことを想定したとき、圧倒的に異うと考えられます。オリエントコーポレーション オリコカードよりクレディセゾン JAFセゾンカードの海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額は肌で感じられるほど高いレベルであることがわかります。したがって、海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額に注目する人の場合、クレディセゾン JAFセゾンカードがいいと言えそうです。そうでなくともクレディセゾン JAFセゾンカードを考慮する際の決め手の一つとなるでしょう。

海外旅行保険適応時の携行品損害における最高補償額評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
30万円56/100
オリエントコーポレーション オリコカード
20万円33/100

海外旅行の賠償責任保険(自動付帯)

オリエントコーポレーション オリコカードもクレディセゾン JAFセゾンカードも海外旅行で自動付帯の賠償責任保険が付いているクレジットカードであると言えるでしょう。

海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額

海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額という点についてオリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードを比べた場合、クレディセゾン JAFセゾンカードは3000万円であるのに対して、オリエントコーポレーション オリコカードは2000万円というデータとなっています。1000万円もの比較にならないくらいの差がオリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードに見られます。クレディセゾン JAFセゾンカードは海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額が一回り高いです。

海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額という点において実用的な観点で考えると違いは相当開いています。そのため、海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額を優先する人の場合、クレディセゾン JAFセゾンカードは理想的と考えられそうです。そうでなくとも、オリエントコーポレーション オリコカードは候補の一つから排除すべきであると思います。

海外旅行保険適応時の賠償責任における最高補償額評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
3000万円50/100
オリエントコーポレーション オリコカード
2000万円24/100

海外旅行の救援者費用保険(自動付帯)

両方とも海外旅行で自動付帯の救援者費用保険が付いているクレジットカードとなります。これらのクレジットカードは、海外旅行で自動付帯の救援者費用保険が付いているため、安心して旅行を楽しむことができます。不測の事態にも対応可能な保険が付帯されており、旅行中のトラブルに立ち向かうことができます。是非、海外旅行前には、このような保険付きクレジットカードを持っておくことをお勧めします。

海外旅行で自動付帯の救援者費用保険が付いているクレジットカードのメリットは、急な医療費や盗難に備えられる安心感があることです。また、別途保険をかける手間や費用が省けるため、経済的にもお得です。さらに、海外旅行によく使われるホテルやレストランでの割引や特典など、他の特典もある場合が多く、お得な旅行が楽しめます。

海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額

オリエントコーポレーション オリコカードの海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額は200万円です。一方でクレディセゾン JAFセゾンカードは200万円です。クレディセゾン JAFセゾンカードとオリエントコーポレーション オリコカードの海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額はほとんど同じくらいであると考えることができ、差は全くないといってしまえる程見られません。

海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額が高いクレジットカードのメリットは何でしょうか?まず、万が一旅行中に怪我や病気になって救急車を必要とした場合、その費用が高額になることがあります。しかし、救援者費用における最高補償額が高いクレジットカードを利用すれば、その費用をカバーしてもらえる可能性があります。また、旅行中に大金を持ち歩いたり、ATMで現金を引き出すことがリスクと感じる方にとっても、クレジットカードで支払いができるのは安心感があるでしょう。

実用的なアプローチで考えるとオリエントコーポレーション オリコカードもクレディセゾン JAFセゾンカードも非常に類似していると言えます。商品を選択するうえで、海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額の情報は全くと言えるほど参考になりません。

海外旅行保険適応時の救援者費用における最高補償額評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
200万円45/100
オリエントコーポレーション オリコカード
200万円45/100

マイレージ

ANAマイル

オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードは両方ともANAマイルに交換できると言えます。ANAマイルは、旅行好きにとって、非常に魅力的な通貨です。これらのクレジットカードは、日常的な支払いをするだけでANAマイルを貯めることができます。また、ANAマイルに交換することで、バラエティに富んだ特典を手に入れることができます。

ANAマイルに交換できるクレジットカードは、旅行好きの方には特におすすめです。利用するだけで、たくさんのマイルを貯めることができ、次の旅行先がよりお得になります。また、ANAの提携航空会社やホテルでの利用も可能なため、自由度も高く、自分の旅行スタイルに合わせて使い分けることができます。

JALマイル

両方ともJALマイルに交換できるクレジットカードです。これらのクレジットカードは、JALマイルに交換できる優れたポイント還元率を提供しています。また、海外旅行保険やアワード特典などの付帯サービスも充実しており、旅行好きには特におすすめです。しかし、年会費がやや高めのものもあるため、自分に合ったカードを選ぶことが大切です。

JALマイルに交換できるクレジットカードを持つことで、JALのフライトにもお得に利用できます。特に、国内線・国際線によっては、クレジットカードを持っているだけで特典が受けられることがあるため、是非お持ちになることをおすすめします。また、マイル還元率が高く、たまったマイルを有効活用できることも魅力の一つです。

電子マネー

電子マネーチャージ時のポイント加算

両方とも電子マネーへのチャージでポイントがたまると言うことができるでしょう。電子マネーを利用する機会が多い方には、これらのクレジットカードがぴったりです。電子マネーへのチャージでポイントがたまり、ポイントを利用してお買い物や旅行ができます。さらに、クレジットカード自体も、便利な特典や保険が付帯している場合が多いので、お得感があります。

電子マネーへのチャージでポイントがたまるクレジットカードには、数々のメリットがあります。まずは、日常的に使う電子マネーにチャージするだけで、簡単にポイントを貯めることができます。また、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶことで、より効率的にポイントを貯めることができます。さらに、ポイントを貯めることで、お得な特典や商品と交換することができるため、使い勝手も良いです。

国内旅行保険

国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額

クレディセゾン JAFセゾンカードの国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額は3000万円となっている一方オリエントコーポレーション オリコカードは1000万円というデータとなっています。クレディセゾン JAFセゾンカードとオリエントコーポレーション オリコカードの差は2000万円もありオリエントコーポレーション オリコカードの方が国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額ははるかに低いと言えるでしょう。

実用的な観点から見ると国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額に関してオリエントコーポレーション オリコカードのほうがクレディセゾン JAFセゾンカードより断然低い水準に感じとれるでしょう。体感的にぜんぜん違います。このため、クレディセゾン JAFセゾンカードは強力な選択肢の一つにあげられると言えるでしょう。国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額で比較することで、後悔しない選択を下せるといえます。

国内旅行保険適応時の死亡後遺障害における最高補償額評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
3000万円45/100
オリエントコーポレーション オリコカード
1000万円10/100

手数料

年会費

年会費の点から比べてみると、オリエントコーポレーション オリコカードは1375円となっている一方、クレディセゾン JAFセゾンカードは0円というデータであると言えます。オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードは幾分かの差が存在します。クレディセゾン JAFセゾンカードよりもオリエントコーポレーション オリコカードのほうが年会費が比較的高いと言えるでしょう。年会費が安いクレジットカードを利用することで、多くのポイントや特典を得ることができます。

年会費が低いクレジットカードには、嬉しいメリットが満載です。例えば、ポイント還元率が高い場合があります。また、年会費が安いクレジットカードであれば、カードの種類によっては、海外旅行保険などの特典も付いてくることがあります。自分に合ったクレジットカードを見つけるために、年会費が安いクレジットカードも要チェックです。

これらの比較から明白にわかるように、年会費に関してオリエントコーポレーション オリコカードよりもクレディセゾン JAFセゾンカードの方が感覚的に言って、高い水準であると考えることができそうです。まあまあ際立って異なっていると言うことができます。ただし絶対的なくらいの違いは存在しないため気を付ける必要があると言うことができるでしょう。

年会費評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
0円95/100
オリエントコーポレーション オリコカード
1375円74/100

安心・安全

不正利用時の補償対応

オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードは、両方とも不正利用時の補償に対応しているクレジットカードとなります。これらのクレジットカードは、不正利用時の補償に対応しています。クレジットカードを使用する際には、万が一の場合に備え、不正利用に対応しているカードを選ぶことが大切です。

不正利用時の補償に対応しているクレジットカードを利用することで、急な出費にも対応できるメリットがあります。例えば、旅行先でカードが盗まれた場合や、オンライン決済で不正利用された場合でも、補償が受けられるので、支払いの負担を軽減することができます。また、クレジットカード自体の保険や特典を利用することで、旅行やショッピングなどの経費節約にもつながります。

オプションサービス

ETCカード永年無料

オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードは、ETCカードが永年無料で使えるクレジットカードです。これらのクレジットカードを利用すれば、ETCカードが永年無料で使用できるため、ドライバーの利便性が大幅に向上します。ETCカードは高速道路での利用に限定されるため、多くの人が利用する場面が限られますが、これらのクレジットカードを持つことで、ETCカードを手軽に利用することができます。

ETCカードの利用は、高速道路を利用する際に必要不可欠ですが、利用料金がクレジットカードで支払えることで、支払いが簡略化され、分かりやすくなります。また、ETCカードが永年無料で使えるクレジットカードを利用することで、ポイント還元などの特典が受けられる場合があります。利用頻度が高いETCカードとクレジットカードを組み合わせることで、スムーズな通行とお得な利用が実現できます。

基本情報

VISA対応

両方ともVISAに対応していると言えるでしょう。VISAに対応しているこれらのクレジットカードは、お店での支払いだけでなく、公共料金や通信費などの支払いにも利用できます。自動引き落としやネットバンキングなどのサービスも充実しています。

VISAに対応しているクレジットカードのメリットについてお伝えします。まず、海外旅行に行く際には、VISAが使えるクレジットカードを持っていると便利です。海外ではVISAが定番の支払い方法となっており、現地通貨を手持ちしなくても、カードで支払いが可能です。また、一部の店舗ではVISAを使っているとポイント還元率が高い場合があります。

MasterCard対応

オリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードはMasterCardに対応していると言えるでしょう。これらのクレジットカードは、MasterCardに完全に対応しています。海外旅行やビジネス旅行に利用する際に、MasterCardを使用できるカードは便利です。多数の提携ホテルや店舗でも利用できるので、幅広いシーンで利用できます。

MasterCardに対応しているクレジットカードを使うことで、豊富な特典が得られます。海外旅行保険やクレジットカード利用による航空券購入時のマイルなど、様々な特典があります。また、MasterCardは日本国内でも多くの店舗で利用可能であり、キャッシュレス社会進行中の現在、より便利な決済手段として選ばれています。

JCB対応

クレディセゾン JAFセゾンカードもオリエントコーポレーション オリコカードもJCBに対応しているクレジットカードとなります。これらのクレジットカードは、JCBに対応しています。JCBを利用する場合、このカードを利用することができます。

JCBに対応しているクレジットカードのメリットJCBに対応しているクレジットカードのメリットは、トラブル時に便利なことです。旅行先でカードを紛失したり、万が一の事故に遭った場合でも、JCBカードの保険サービスを受けることができます。自動車事故などのトラブルにも対応してくれるため、安心してカードを利用できます。また、JCBカード限定のお得な優待特典や割引もあり、経済的にも優れています。

ポイント還元

通常ポイント還元率

オリエントコーポレーション オリコカードの通常ポイント還元率は0.25%というデータに対し、クレディセゾン JAFセゾンカードの通常ポイント還元率は0.5%というデータといえます。0.25%もの圧倒的な違いがクレディセゾン JAFセゾンカードとオリエントコーポレーション オリコカードにありクレディセゾン JAFセゾンカードの方が通常ポイント還元率が断然高いことがわかります。通常ポイント還元率が高いクレジットカードを利用することで、ポイント還元率が低いクレジットカードを使うよりも、効率的にポイントを獲得できます。

通常ポイント還元率が高いクレジットカードは、賢く使えば大きなメリットが得られます。例えば、高額商品を購入した場合でも、ポイント還元率が高いカードを使用すれば、キャッシュバックや商品交換などでお得に買い物をすることができます。また、特定の店舗での利用など、ポイント還元率の高い場面で使用することで、より多くのポイントを貯めることができます。さらに、ポイント還元率が高いカードを持つことは、継続的に使い続けることでお得になるというメリットもあります。

実際的な面で見ると通常ポイント還元率においてクレディセゾン JAFセゾンカードよりもオリエントコーポレーション オリコカードは遥かに低い部類に感じとれるでしょう。従って、オリエントコーポレーション オリコカードを選択するべきではない重要なポイントの一つと言えます。また、通常ポイント還元率にこだわる人にとって、クレディセゾン JAFセゾンカードは採用すべきと考えられそうです。通常ポイント還元率は、不可欠な役割を果たすと言えるでしょう。

通常ポイント還元率評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
0.5%58/100
オリエントコーポレーション オリコカード
0.25%18/100

条件付き最大ポイント還元率

条件付き最大ポイント還元率に関して対比するとクレディセゾン JAFセゾンカードは1%となっているのに対し、オリエントコーポレーション オリコカードは0.5%というデータになっています。オリエントコーポレーション オリコカードは条件付き最大ポイント還元率は比較的低いといえ0.5%のまあまあの差がオリエントコーポレーション オリコカードとクレディセゾン JAFセゾンカードに存在します。条件付き最大ポイント還元率が高いクレジットカードを使うことで、ポイント還元が増えて、さらにお財布に嬉しいメリットを感じることができます。

条件付き最大ポイント還元率が高いクレジットカードのメリットは、特定のカテゴリーの支払いにおいてお得にポイントを貯めることができることです。たとえば、食料品やガソリン代など、日常的に使うものについては、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶことで得をすることができます。また、条件付き最大ポイント還元率が高いクレジットカードは、特典が充実している場合が多いため、非常にお得感があります。

実用上の面で見ると条件付き最大ポイント還元率においてオリエントコーポレーション オリコカードよりクレディセゾン JAFセゾンカードはそこそこ高い水準に感じると思います。しかし、確定的と言えるくらいの差はないため気を付ける必要があることが分かるでしょう。

条件付き最大ポイント還元率評価
クレディセゾン JAFセゾンカード
1%34/100
オリエントコーポレーション オリコカード
0.5%18/100
クレディセゾン JAFセゾンカード
オリエントコーポレーション オリコカード

クレディセゾン JAFセゾンカード

クレディセゾン JAFセゾンカード と評価が同程度のクレジットカードを探す

クレディセゾン JAFセゾンカード
オリエントコーポレーション オリコカード

オリエントコーポレーション オリコカード

オリエントコーポレーション オリコカード と評価が同程度のクレジットカードを探す