パナソニック LHR1884D (2021) と パナソニック LHR1884 (2021) を徹底比較。情報の重要度別に解説しています

作成日時: 2021-10-17 22:04:01、更新日時: 2021-10-19 21:45:45

パナソニック LHR1884 (2021)パナソニック LHR1884D (2021)
パナソニック LHR1884 (2021)パナソニック LHR1884D (2021)

「パナソニック LHR1884D (2021)」と「パナソニック LHR1884 (2021)」についての特徴をみんなが注目するポイント別に点数で評価。どう違いや差がある?どの程度違いや差があるのかを評価/検証。

パナソニック LHR1884 (2021)パナソニック LHR1884D (2021)
パナソニック LHR1884 (2021)パナソニック LHR1884D (2021)
総合評価:

64.9/100

(総合: 32位)

65.4/100

(総合: 31位)

光量
19/100
19/100
対応畳数
33/100
33/100
最高色温度
97/100
97/100
消費電力
60/100
61/100
エネルギー効率
78/100
80/100
重量
85/100
85/100
本体サイズ
79/100
79/100

商品紹介をご覧いただきありがとうございます。今回は、パナソニック LHR1884 (2021)とパナソニック LHR1884D (2021)の2つの製品を比較します。

まず、パナソニック LHR1884 (2021)は、光量が4299ルーメンで、8畳まで対応しています。調色機能があり、最高色温度は6500Kです。消費電力は34Wで、エネルギー効率は126.4lm/Wです。本体重量は1.2kgで、洋風テイストになっています。

対して、パナソニック LHR1884D (2021)も光量が4299ルーメンで8畳まで対応しています。最高色温度は6500Kで、昼光色対応です。消費電力は33Wで、エネルギー効率は130.2lm/Wです。本体重量も1.2kgで、洋風テイストになっています。

どちらの製品も、光量や対応畳数は同じですが、パナソニック LHR1884 (2021)には調色機能があるため、色温度を自由に変更できます。その一方で、パナソニック LHR1884D (2021)は昼光色対応です。それから、消費電力が少し異なります。パナソニック LHR1884 (2021)は34W、パナソニック LHR1884D (2021)は33Wです。そして、パナソニック LHR1884D (2021)のエネルギー効率が130.2lm/Wと高いです。

総合的に考えると、パナソニック LHR1884 (2021)は色温度を調整できるというメリットがありますが、パナソニック LHR1884D (2021)はエネルギー効率が高く、昼光色に対応しているというメリットがあります。使用用途によって、どちらがより適しているかを検討することをおすすめします。

以上が製品比較の情報でした。どちらの商品もおすすめできますが、使用用途に合わせて選ぶことをお勧めします。

icn

パナソニック LHR1884D (2021) と比較して パナソニック LHR1884 (2021) を選ぶメリット

調色機能
icn

パナソニック LHR1884 (2021) と比較して パナソニック LHR1884D (2021) を選ぶメリット

昼光色

「パナソニック LHR1884 (2021)」と「パナソニック LHR1884D (2021)」の特長や特色

演色についての評価比較

最高色温度について

「パナソニック LHR1884 (2021)」と「パナソニック LHR1884D (2021)」の最高色温度について比較すると「パナソニック LHR1884D (2021)」は6500Kであり「パナソニック LHR1884 (2021)」は6500Kです。「パナソニック LHR1884D (2021)」も「パナソニック LHR1884 (2021)」も色温度はほとんど同じくらいでしょう。体感的な差はゼロかと思われます。

最高色温度が高いシーリングライトを使うことで、より明るく活気のある空間を演出することができます。また、最高色温度が高いシーリングライトは、コンパクトなデザインが魅力で、多様なインテリアにもマッチします。さらに、環境に配慮した素材を使用しているため、長期に渡って使用することができ、経済的にも優れています。

最高色温度評価
パナソニック LHR1884 (2021)
6500K97/100
パナソニック LHR1884D (2021)
6500K97/100

家具機能についての「パナソニック LHR1884 (2021)」と「パナソニック LHR1884D (2021)」の詳細比較

洋風デザインについて

「パナソニック LHR1884 (2021)」も「パナソニック LHR1884D (2021)」も洋風テイストなデザインを採用しているシーリングライトです。洋風テイストなデザインに対応する、これらのシーリングライトには幅広いバリエーションがあります。モダンなデザインからクラシックなデザインまで、あなたのお好みに合わせた一品が見つけられます。

洋風テイストなデザインに対応しているシーリングライトのメリットとして、配光が広く、明るさが安定していることが挙げられます。また、省エネ性にも優れており、節電に貢献することができます。デザイン性だけでなく、実用性も兼ね備えたシーリングライトは、おすすめのアイテムです。

本体サイズについて

本体サイズを「パナソニック LHR1884D (2021)」と「パナソニック LHR1884 (2021)」を比べると「パナソニック LHR1884D (2021)」は45cm × 109mmであるのに対して「パナソニック LHR1884 (2021)」は45cm × 109mmです。「パナソニック LHR1884 (2021)」も「パナソニック LHR1884D (2021)」もサイズはほぼ同一です。感じられるほどの差は無いでしょう。

最近、日本の住宅はスペースが限られてきており、照明器具を選ぶ際にも、スマートなデザインで省スペースになるものが求められています。そこで本体サイズが小さいシーリングライトは、機能的な面で優れ、美観的な面でも満足できる照明器具です。部屋に明るさをもたらしながらも、スマートなインテリアを保つためには欠かせないアイテムの一つです。

別の視点を見て決めたほうがよさそうです。

本体サイズ評価
パナソニック LHR1884 (2021)
45cm × 109mm79/100
パナソニック LHR1884D (2021)
45cm × 109mm79/100

エコに関する「パナソニック LHR1884 (2021)」と「パナソニック LHR1884D (2021)」の詳細比較について

消費電力について

消費電力を「パナソニック LHR1884 (2021)」と「パナソニック LHR1884D (2021)」を比較すると「パナソニック LHR1884 (2021)」は34Wに対して「パナソニック LHR1884D (2021)」は33Wです。ほとんど差は無いです。感覚的にわかるほどの差はありません。

消費電力が小さいシーリングライトは、環境保護と経済性を備えた長寿命な照明です。そのため、賞味期限が短く、環境に悪影響を与える発光ダイオードと比較して、優れた長寿命と省エネルギー性が特徴です。そんなシーリングライトをお探しの方にはうってつけです。

消費電力評価
パナソニック LHR1884 (2021)
34W60/100
パナソニック LHR1884D (2021)
33W61/100

エネルギー効率について

エネルギー効率を比較すると「パナソニック LHR1884D (2021)」は130.2lm/Wで「パナソニック LHR1884 (2021)」は126.4lm/Wです。違いはわずかしかありません。「パナソニック LHR1884 (2021)」と比較して「パナソニック LHR1884D (2021)」はどちらかといえばエネルギー効率が高いです。エネルギー効率が高いシーリングライトは、長く使い続けることで、環境に優しく経済的な選択となります。

エネルギー効率が高いシーリングライトは、消費電力を抑えることができ、光熱費の節約につながります。また、省エネに配慮した製品であるため、環境にも配慮した生活を送ることができます。さらに、 LEDや調光機能など、機能性も高いのが魅力です。

どちらかといえば「パナソニック LHR1884D (2021)」の方が良いですが、体感できるほどの違いはほぼ無いです。

エネルギー効率評価
パナソニック LHR1884 (2021)
126.4lm/W78/100
パナソニック LHR1884D (2021)
130.2lm/W80/100

「パナソニック LHR1884 (2021)」と「パナソニック LHR1884D (2021)」の設置に関する比較評価

重量について

重量について「パナソニック LHR1884D (2021)」と「パナソニック LHR1884 (2021)」を比較すると「パナソニック LHR1884 (2021)」は1.2kgであるのに対して「パナソニック LHR1884D (2021)」は1.2kgです。ほとんど差は無いです。体感上の差は無いかと思われます。

本体重量が軽いシーリングライトは設置が簡単で、天井に負担をかけにくいことが最大のメリットです。ワンランク上の照明を手軽に取り入れることができます。また、取り外しも簡単なので、清掃時にも便利です。さらに、重量の軽さから配送時の費用も安く済む点も魅力的です。

別の観点から選んだほうが良いでしょう。

重量評価
パナソニック LHR1884 (2021)
1.2kg85/100
パナソニック LHR1884D (2021)
1.2kg85/100

ライトについて

光量について

「パナソニック LHR1884D (2021)」と「パナソニック LHR1884 (2021)」の光量について比べると「パナソニック LHR1884D (2021)」は4299ルーメンであるのに対して「パナソニック LHR1884 (2021)」は4299ルーメンです。「パナソニック LHR1884D (2021)」と「パナソニック LHR1884 (2021)」はほとんど同じくらいです。体感できるほどの差は無いかと思われます。

光量が強いシーリングライトは、部屋に明るく広々とした空間を提供することができます。それにより、読書や手仕事、また集中力を必要とする作業に適していると言えます。また、大きめの部屋や低い天井の部屋にも最適であり、スタイリッシュなデザインがおしゃれな空間を演出してくれます。

別の角度で選んだ方が良さそうです。

光量評価
パナソニック LHR1884 (2021)
4299ルーメン19/100
パナソニック LHR1884D (2021)
4299ルーメン19/100

対応畳数について

対応畳数について比較すると「パナソニック LHR1884D (2021)」は8畳であるのに対して「パナソニック LHR1884 (2021)」は8畳です。「パナソニック LHR1884D (2021)」も「パナソニック LHR1884 (2021)」も畳数についての違いはほぼありません。実用的な差は無いです。

広い部屋には、広範囲の照明が必要です。対応畳数が広いシーリングライトは、大きな部屋でも全体的な明るさを確保できるため、オススメの照明器具です。また、設置場所によって使い分けもできる便利さがあります。

ほかの角度を見て比べた方がよいでしょう。

対応畳数評価
パナソニック LHR1884 (2021)
8畳33/100
パナソニック LHR1884D (2021)
8畳33/100

表で「パナソニック LHR1884 (2021)」と「パナソニック LHR1884D (2021)」関して詳細一覧を比べる

パナソニック LHR1884 (2021)パナソニック LHR1884D (2021)
画像パナソニック LHR1884 (2021)パナソニック LHR1884D (2021)
光量4299ルーメン4299ルーメン
対応畳数〜8畳〜8畳
対応畳数8畳8畳
調色機能を搭載しているかどうか -
色温度2700K〜6500K昼光色:6500K
最高色温度6500K6500K
光色 - 昼光色
昼光色を採用しているかどうか -
消費電力34W33W
エネルギー効率126.4lm/W130.2lm/W
形状丸型・枠なし丸型・枠なし
重量1.2kg1.2kg
洋風テイストなデザインを採用しているかどうか
本体サイズ45cm × 109mm45cm × 109mm

類似のシーリングライトを探す

他のシーリングライトと比較する

価格をチェック

類似のシーリングライトを探す

他のシーリングライトと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック LHR1884 (2021) の関連記事
パナソニック LHR1884D (2021) の関連記事
パナソニック LHR1884 (2021)

総合評価: 64.9/100

(総合: 32位)

詳細を見る

パナソニック LHR1884 (2021)

パナソニック LHR1884 (2021) と評価が同程度のシーリングライトを探す

パナソニック LHR1884 (2021) の関連記事
パナソニック LHR1884D (2021) の関連記事
パナソニック LHR1884D (2021)

総合評価: 65.4/100

(総合: 31位)

詳細を見る

パナソニック LHR1884D (2021)

パナソニック LHR1884D (2021) と評価が同程度のシーリングライトを探す

新着情報