パナソニック LSEB1031 と アグレッド AC403YC-S はどちらがおすすめ?違いや差は?

作成日時: 2021-10-20 20:02:35、更新日時: 2021-10-20 20:43:26

パナソニック LSEB1031アグレッド AC403YC-S
パナソニック LSEB1031アグレッド AC403YC-S

「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」はどっちのシーリングライトが優れているのか?注目度別に幅広いポイントからまとめました。どちらを選んだ方がいいのか悩んでいる人はぜひチェックしてみてください!

パナソニック LSEB1031アグレッド AC403YC-S
パナソニック LSEB1031アグレッド AC403YC-S
パナソニック LSEB1031アグレッド AC403YC-S
総合評価:
対応畳数rating-image1.7
8畳
rating-image2.5
10畳
消費電力rating-image2.4
42W
rating-image1.5
55W
エネルギー効率rating-image2.7
89lm/W
rating-image2.6
85.5lm/W

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

「アグレッド AC403YC-S」より「パナソニック LSEB1031」を選ぶべき1つの理由

  • 凄く小さい消費電力
    49点(1723位) vs 30.8点(2395位)

「パナソニック LSEB1031」より「アグレッド AC403YC-S」を選ぶべき1つの理由

  • 極めて広い対応畳数
    49.2点(947位) vs 33点(1824位)

「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」についての詳細一覧

パナソニック LSEB1031アグレッド AC403YC-S
画像パナソニック LSEB1031アグレッド AC403YC-S
対応畳数〜8畳〜10畳
対応畳数8畳10畳
調光機能を搭載しているかどうか
調色機能を搭載しているかどうか
平均演色評価数Ra83 -
平均演色評価数Ra83 -
消費電力42W55W
エネルギー効率89lm/W85.5lm/W
タイマー機能 -
重量 - 2.1kg
洋風テイストなデザインを採用しているかどうか
本体サイズ - 54.3cm × 136mm

類似のシーリングライトを探す

他のシーリングライトと比較する

価格をチェック

類似のシーリングライトを探す

他のシーリングライトと比較する

価格をチェック

優れた点やイマイチな点を「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」を詳しく評価比較する

家具機能についての「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」の詳細比較

洋風デザインについて

「パナソニック LSEB1031」も「アグレッド AC403YC-S」も洋風テイストなデザインを採用しているシーリングライトです。オシャレな空間を作りたい方には、これらのシーリングライトがおすすめです。モダンなテイストにマッチする製品や、シンプルで飽きのこないデザインの製品が豊富に揃っています。

洋風テイストなデザインに対応しているシーリングライトのメリットは、おしゃれなインテリアに合わせることができるという点です。和風や和モダンという日本的なテイストとは異なるスタイルを取り入れたい方には、特におすすめです。また、洋風テイストなシーリングライトは、一般的にシンプルでモダンなデザインが多く、シンプルなインテリアにもマッチすることが特徴です。

「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」のライトについて

対応畳数について

対応畳数について「アグレッド AC403YC-S」と「パナソニック LSEB1031」を比較すると「パナソニック LSEB1031」は8畳であり「アグレッド AC403YC-S」は10畳です。「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」の差はややあります。「パナソニック LSEB1031」と比べて「アグレッド AC403YC-S」はやや広い畳数です。対応畳数が広いシーリングライトのメリットは、広い空間でも十分な明かりを照らすことができることです。

対応畳数が広いシーリングライトには、広い部屋やロフトのような大きな空間に最適なものがあります。これらのライトは高揚感をもたらし、自然な光が部屋全体に行き届きます。また、エネルギー効率がよく、省エネに貢献できるのも嬉しいポイントです。

「アグレッド AC403YC-S」の方が良いと思われます。一方で決定的に優れていると言えるくらいの差はないです。

対応畳数評価
パナソニック LSEB1031
8畳33/100
アグレッド AC403YC-S
10畳49/100

調光機能の搭載について

「アグレッド AC403YC-S」も「パナソニック LSEB1031」も調光機能を搭載しているシーリングライトです。これらのシーリングライトは調光機能を搭載しているため、部屋の明るさを調整することができます。調光機能があることで、夜や昼間でも快適な照明環境を作ることができます。

リビングルームなど、家族が集まる場所には、調光機能を備えたシーリングライトを設置することをおすすめします。明るさを調整することで、場所や季節に応じた雰囲気を作り上げることができます。また、家族が過ごす時間を快適に過ごすため、明るさを微調整することができるという点も魅力的です。

調色機能について

「アグレッド AC403YC-S」も「パナソニック LSEB1031」も調色機能を搭載しているシーリングライトです。これらのシーリングライトは調色機能を搭載しているため、あなたが好きな色温度で部屋をライトアップすることができます。寒色系の青や白、暖色系のオレンジや黄など、多彩なカラーバリエーションから選ぶことができるので、自分好みの雰囲気をつくり上げることができますね。

さまざまな場所で使用されるシーリングライト。調色機能を搭載したものは、特にオフィスや学校などの公共施設で重宝されています。照明色を変えることで、作業効率や集中力を高めることができるからです。

「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」のエコに関する比較について

消費電力について

「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」の消費電力を比較すると「アグレッド AC403YC-S」は55Wであり「パナソニック LSEB1031」は42Wです。比較的違いは大きいです。「パナソニック LSEB1031」は「アグレッド AC403YC-S」より比較的消費電力が小さいです。消費電力が小さいシーリングライトのメリットは、電気代が節約できることです。

消費電力が小さいシーリングライトは、長時間の使用でも電気代を抑えることができるので、無駄な出費を防ぐことができます。また、デザイン性も高く、多様な空間にマッチするため、インテリアのアクセントとしてもおすすめです。

実際の利用において「アグレッド AC403YC-S」と「パナソニック LSEB1031」の体感上の違いは比較的大きいです。「パナソニック LSEB1031」が良いです。しかしすごく優れているというわけではありません。

消費電力評価
パナソニック LSEB1031
42W48/100
アグレッド AC403YC-S
55W30/100

エネルギー効率について

「アグレッド AC403YC-S」と「パナソニック LSEB1031」をエネルギー効率を比べると「パナソニック LSEB1031」は89lm/Wであり「アグレッド AC403YC-S」は85.5lm/Wです。「パナソニック LSEB1031」と「アグレッド AC403YC-S」の差はごくわずかです。「アグレッド AC403YC-S」と比較して「パナソニック LSEB1031」はどちらかといえばエネルギー効率が高いです。エネルギー効率が高いシーリングライトは、光源が明るく、使用する電気料金を抑えることができます。

エネルギー効率が高いシーリングライトのメリットとしては、省エネと環境保護に貢献する点が挙げられます。また、光量や明るさにも優れており、使いやすさも魅力的です。さらに、長寿命であるため、メンテナンスの手間も省けます。

どちらかといえば「パナソニック LSEB1031」の方が良いですが、体感できるほどの違いはほぼ無いです。

エネルギー効率評価
パナソニック LSEB1031
89lm/W54/100
アグレッド AC403YC-S
85.5lm/W51/100
パナソニック LSEB1031 の関連記事
アグレッド AC403YC-S の関連記事

パナソニック LSEB1031

パナソニック LSEB1031 と評価が同程度のシーリングライトを探す

パナソニック LSEB1031 の関連記事
アグレッド AC403YC-S の関連記事
アグレッド AC403YC-S

総合評価: 54.5/100

(総合: 1436位)

詳細を見る

アグレッド AC403YC-S

アグレッド AC403YC-S と評価が同程度のシーリングライトを探す