ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K) と コイズミ AH45384L の性能・機能をレビュー

作成日時: 2023-08-28 21:22:54

ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)コイズミ AH45384L
ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)コイズミ AH45384L

「コイズミ AH45384L」と「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」についての特徴をみんなが注目するポイント別に点数で評価。どう違いや差がある?どの程度違いや差があるのかを評価/検証。

ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)コイズミ AH45384L
ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)コイズミ AH45384L
ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)コイズミ AH45384L
総合評価:
対応畳数rating-image2.5
10畳
rating-image3.7
14畳
消費電力rating-image2.2
45W
rating-image2.0
47.8W
エネルギー効率rating-image3.1
100lm/W
rating-image3.7
118.2lm/W

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

「コイズミ AH45384L」より「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」を選ぶべき3つの理由

  • リモコンが付属している
  • Bluetooth連携機能を搭載している
  • スピーカーを搭載している

「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」より「コイズミ AH45384L」を選ぶべき3つの理由

  • 対応畳数が非常に広い
    73.5点(144位) vs 49.2点(945位)
  • エネルギー効率はかなり高い
    73.7点(863位) vs 62.2点(1684位)
  • 調色機能を搭載している

特性・特色を「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」と「コイズミ AH45384L」を詳細に比較

家具機能についての「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」と「コイズミ AH45384L」の比較詳細

洋風デザインについて

「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」も「コイズミ AH45384L」も洋風テイストなデザインを採用しているシーリングライトです。これらのシーリングライトは、洋風テイストなデザインにぴったりのアイテムです。落ち着いた色合いとシンプルな形状は、おしゃれなインテリアにぴったりマッチします。

洋風テイストなデザインに対応しているシーリングライトの利点の1つは、広範囲にわたるランプデザインから選択できる点にあります。豊富なバリエーションがあり、天井に合わせて空間をデザインすることができます。また、調光機能を備えた製品もあり、好みに合わせて明るさを調整できるため、使い勝手が良いです。

「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」と「コイズミ AH45384L」のエコに関する比較について

消費電力について

「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」と「コイズミ AH45384L」の消費電力を比較すると「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」は45Wであり「コイズミ AH45384L」は47.8Wです。ほとんど差は無いです。体感的な差は無いと思います。

消費電力が少ないシーリングライトを選ぶことで、エネルギーの無駄を減らして地球環境を守ることができます。また、省エネ設備であることから電気代を節約することができ、経済的アドバンテージもあります。

別の観点で選ぶことをおすすめします。

消費電力評価
ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)
45W44/100
コイズミ AH45384L
47.8W40/100

エネルギー効率について

エネルギー効率を比較すると「コイズミ AH45384L」は118.2lm/Wで「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」は100lm/Wです。「コイズミ AH45384L」は「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」に比べて多少高いエネルギー効率です。エネルギー効率が高いシーリングライトには、毎月の電気代の節約に繋がるメリットがあります。

エネルギー効率が高いシーリングライトのメリットは多岐にわたります。まず、省エネ効果があり、電気代の削減につながります。また、長期的に考えると、環境に優しい選択肢となります。さらに、寿命も長く、取り付け後の手間が少なく、メンテナンスも簡単です。

強いて言えば「コイズミ AH45384L」を選んだ方がいいですが基本的には体感できるほどの差はほぼ無いです。

エネルギー効率評価
ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)
100lm/W62/100
コイズミ AH45384L
118.2lm/W73/100

ライトを徹底比較する

対応畳数について

対応畳数について比べると「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」は10畳であるのに対して「コイズミ AH45384L」は14畳です。4畳の大きい違いがあります。「コイズミ AH45384L」は「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」よりとても畳数が広いです。大きな部屋に適した対応畳数が広いシーリングライトには、省エネや長寿命などのメリットがあります。

広い部屋を照らすためには、対応畳数が広いシーリングライトが必要不可欠です。大きな光量と光の広がりによって、洋室やリビングルームなど、広い部屋を均一な明るさで照らすことができます。また、LEDなど省エネな素材を使っているものが多く、消費電力も少なく済むのでエコにも配慮しています。

実際に使う場面において「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」と比較して「コイズミ AH45384L」はかなり秀でていると言えます。「コイズミ AH45384L」に決める重要な判断材料の一つとなると思います。

対応畳数評価
ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)
10畳49/100
コイズミ AH45384L
14畳73/100

調光機能の搭載について

「コイズミ AH45384L」も「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」も調光機能を搭載しているシーリングライトです。調光機能を搭載しているこれらのシーリングライトは、光の強さを自由に調節することができます。この機能は、協調性のある空間を作り上げるために必要です。スタイリッシュでシンプルなデザインは、あらゆるインテリアとマッチします。期待以上の光と快適な空間のために、これらのシーリングライトをおすすめします。

調光機能を搭載しているシーリングライトは、光量を調節できる優れた機能があります。明るすぎず暗すぎず、自分好みの明るさに調整することができます。また、省エネ効果も期待できるため、ランニングコストが安く済むのも嬉しいところです。

表で「ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)」と「コイズミ AH45384L」の詳細をくらべる

ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)コイズミ AH45384L
画像ヒロコーポレーション Natulux HLCL-BT3(K)コイズミ AH45384L
光量4500ルーメン -
対応畳数〜10畳〜14畳
対応畳数10畳14畳
調光機能を搭載しているかどうか
調色機能を搭載しているかどうか -
平均演色評価数 - Ra82
平均演色評価数 - Ra82
消費電力45W47.8W
エネルギー効率100lm/W118.2lm/W
形状丸型・枠なし -
配線器具形状角型引掛シーリング/丸型引掛シーリング/埋込引掛ローゼット(耳つき)/フル引掛ローゼット/丸型フル引掛シーリング -
取り付け工事不要 -
付属品付属 -
重量1.3kg -
リモコンが付属しているかどうか -
Bluetooth連携機能を搭載しているかどうか -
スピーカーを搭載しているかどうか -
洋風テイストなデザインを採用しているかどうか
本体サイズ44.5cm × 100mm -
カラー - ウォールナット

類似のシーリングライトを探す

他のシーリングライトと比較する

価格をチェック

類似のシーリングライトを探す

他のシーリングライトと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。